スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼成実験打ち合わせに行きました

070917-01.jpg

←のブログの説明に書いたような経緯で、とある焼き物の窯の研究の実験に参加することになり、今回はその実験の説明を聞いてきました。
石川県珠洲市にある 『珠洲焼資料館』 の中の研修室(だったかな?)にて行われたのですが、今回集まっていたのは、私や説明している学芸員さん含め8人でした。
今回集まった方たち以外にも、けっこう参加しそうな人はいるようですが、最終的に参加者が何人になるかは、今のところよくわかりません。

070917-02.jpg

まず、学芸員さんから計画の説明を受けました。

今回の実験の目的は、未だ謎の多い中世に栄えた珠洲焼の窯を、その窯跡の形状や出土品、それからよく似た形態を持つ他の地方の古窯のデータなどから推察し、復元してみようというもの。
そこで、まず今回作ろうとしている窯の形状とその作成方法の説明を、なぜそう考えられるかということを交えながら説明してもらいました。

それから、計画の日程についての説明。
今回の日程案は大まかなものであり、多少遅れてもかまわないとのことでした。
とはいえ、基本的にそのスケジュール通り計画は進行するでしょうし、早ければ今回の実験の第一段階は11月17日には終了する予定です。
万が一遅くなった場合でも、今年いっぱいには終えるでしょう。

070917-03.jpg

出土した発掘品なども見せてもらいましたが、窯の上部のおそらくドーム状になっていたであろう部分はほとんど見つかっていないとのこと。
そういうこともあり、正確な材質や形状は現在全くわかっていないに等しいようです。
どうやら、古い窯が劣化し、新たな窯を作ったりするときに再利用したのではないかとのことでした。

070917-04.jpg

最後に窯作製の予定地を下見に。
写真右上あたりの草ぼうぼうのところに作るとのこと。
けっこう大変そうです。

計画全体を聞いての印象は、なるほどと納得できるもので、全くの素人の私からすればかなり成功率高いんじゃないかと思いました。
ただかなり難しいのではないかという声も聞かれました。
今回の 『珠洲古窯研究会』 のメンバーの半数以上は、プロ若しくはセミプロの陶芸家の方たちなんですが、そういう方たちはむしろその大変さを知っているだけに、不安点も多く感じておられるようでした。

そしてもう1つ言えば、現在珠洲焼は復活し制作活動も意欲的に行われていますが、極論すればそれは現代版珠洲焼であるということが挙げられると思います。
実際先程書いたとおり、古窯の正確な形状も材質も未だ不明であり、その技術も完全に途絶えていたわけですから。
と書いてしまうと、現在の珠洲焼が珠洲焼ではないと言っているように聞こえてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。
ただ今回解明を目指す目的とは違う次元にあり、言うなれば最新技術により進化した珠洲焼であると言った方が近いですかね。

つまり、陶芸家の方たちにとっても今回の実験は未知の世界であり、そういう意味で不安点が出てくるのでしょう。
例えば、今回の計画では土で窯を作るんですが、現在の珠洲焼の窯は全て耐火レンガで作られており、それ1つとってもプロと言えども初体験になるわけです。

てなわけで、陶芸に深く関わっている方ほど多くの不安点を口にし、逆に全くの素人ほど楽天的に考えているような状況です。
かく言う私は、素人サイドの再右翼なので完璧な計画で成功間違いなしと思っています(笑)。
ただちょっと不安に感じたことがあるとすれば、技術的なことではなく、その日程についてくらいですね。
土日ごとに集まってヤルという計画ですが、ちょっと過密な気がします。
作品の製作以外は屋外での作業になるわけで、天候が不順だったりするだけで進行に支障をきたすのではないかという危惧が…。
まあ、ちょとだけそう感じました。



というような感じで、体験したこと、思ったことを綴っていきたいと思っています。
また、実験が行われていない日にもちょこちょこと珠洲焼についてや、実験の詳細について聞きかじったことを書いていこうと思っています。
軽い気分で見てくだされば幸いです。

なお、もっとしっかり珠洲焼について知りたい方がおられましたら、リンクにある 『珠洲焼資料館』 のHPがオススメです。
珠洲焼に関する書籍等も販売しているようですし、興味のある方はそちらにもどうぞ。


スポンサーサイト

窯作製の予定地の草刈り

本日午後1時過ぎより焼成実験の窯作製予定地の草刈りをしました。
今回は私を含め7人参加。
それぞれ草刈り機を持ち寄って作業しました。
予定の時間の直前に強めの雨が降ったため、作業できるか心配されましたが、何とか上がってくれて作業開始。

この場所は、ちょっとした谷間みたいな立地なのですが、数年前とある事業のために、ダンプの通り道になっていたところ。
作業用に本来の谷に土を盛った場所です。
数年前は舗装されてはいなかったとはいえ道だった場所ですが、全く見る影もなくなっており、草刈りというよりは開墾って感じでした。
また、マナーの悪い人はどこにでもいるようで粗大ごみなんかも捨ててあったりして作業しにくかったりしました。

それでも皆の努力のかいあって午後4時過ぎにはなんとか作業終了。
あまりこういう作業はしたことなかったので、今回参加した人間の中では私が一番若かったんですけど、一番働きが悪かったかも…(汗)。
まあ、それでもいないよりは良かったでしょう。

てなわけで、とりあえず実験の第1歩が踏み出されました。


こんな状態から
070922-01.jpg

                     
みんなで作業
070922-02.jpg

                     
なんとか刈り込み終了
070922-03.jpg



窯作製の予定地の整地作業

本日は窯作製の予定地の整地作業が行われました。
とはいえ、今回行われたのは重機による整地作業。
別に何か手伝ったってわけじゃありません。

070923-01.jpg

前日刈り取った草や木を端に寄せてもらい、その後予定の場所を少しだけ削り均してもらいました。
前日も書きましたが、この場所は元はダンプの通り道で土を盛ったところであり、そのためいい感じになだらかな斜面になっていて、角度的には無理のない理想的な立地だったようです。

070923-02.jpg

午後からは斜面の角度を測ってみたり、予定の位置なんかを大まかに決めたりしましたが、本日の作業はそこまで。
できるようなら窯作成の場所を手作業で本格的に整地するという予定もあったようですが、いかんせん3人しか集まらなかったこともあり、続きは来週ということに。

実は来週は都合により私は参加できないので、ちょっと残念だったりも。
正直来週の作業が一番面白そうだと思っているので…。
絵的にも窯が徐々に形作られていくのは見ごたえありそうですし、ブログに載せることを考えても1番の見所になりそうですしね。
ホント残念!

070923-03.jpg

070923-04.jpg

時間も余ったのでちょっと窯に使用する砂の下見に。
窯は、粘土と砂と藁を混ぜて作る予定ですが、砂はまだ入手先が決まっていないとのこと。
今回見てきたところの砂は、どうもイマイチみたいで、別のを探さなければならないようでした。
耐火度や粘り気だとかいろいろ難しいようです。
しかし、早ければ来週には必要となるだけにちょっと心配。
大丈夫だろうか?

070923-05.jpg



実験のモデル

一番最初の記事で実験の大まかな概要みたいなものは書きましたが、もう少し詳しく説明してみたいと思います。

繰り返しになりますが、今回の実験の概要は、
●既に発掘されている珠洲古窯のデータを基に、当時の窯の姿を推察し、復元する。
●そんで、その復元した窯で焼成を行ってみる。
というもの。

モデルとなる窯跡は、『寺家クロバタケ3号窯』 。
現在、珠洲焼の窯跡は40数基ほど見つかっています。
その中で、発掘済みのものは、まだ数基らしいです。
『寺家クロバタケ3号窯』 は、これまで発掘されたものの中で1番小さいサイズの窯です。
まあ、まずは手始めに1番小さいのをって感じですが、それでもこのタイプでこの大きさの窯の復元は全国的にも初めてとのこと。
正に未知のことなので、その成功は難しいとの声も多く聞こえますが、それゆえ面白みもあります(笑)。

>>>寺家クロバタケ3号窯発掘写真(珠洲焼資料館HP)
kurobatakebasyo.png



寺家クロバタケ3号窯

今回は実験のモデルになる 『寺家クロバタケ3号窯』 を、ちょっとだけ詳しく説明したりなんかします。
まあ、ほんのちょっとですが。

この窯の調査結果は次の通り。

●形式:単室無段地上式窖窯
●推定全長:8.5m
●最大幅(焼成室内):1.9m
●焼成室傾斜角:約12度
          (珠洲古窯研究会HPより)

単室無段地上式窖窯って難しくてわかりにくいですが、要は窯内は段状になっておらず、緩やかな傾斜の上に一つながりなっているということ。
そして、地面に掘り込んである形、つまり、半地下や全地下という形ではなく、地面にドーム状の窯が形成されていたってことです。
こういう地面に直接って窯は、まだ再現されたことはないそうです。

発掘された窯内の地面には、珠洲焼のカケラがしかれており、石材等を使用した痕跡はないとのこと。
再現する窯も、そういうスタイルになるようです。

また、こういう窯は使用するごとに劣化していき、崩落したら廃棄していたようで、そのためこの窯で最後に焼こうとしていた品物も出土したようです。
その状態を見ると、窯最深部にも大きな甕(カメ)も並べてあったようで、その事実から、窯は奥まで広いドーム状だったと推察されています。

壁材的なものは、ほとんど出土されておらず、現在のところ何が使われていたかあまりわかっていないとのこと。
どうやら、崩落した壁材は次の窯造りか何かに再利用されていたようです。
このへんの材料の選択も、実験の成否を左右しそうで重要そうです。
まあ、そのへんの選択は学芸員さんはじめ主要スタッフが決めることなので、とりあえず注目といったところですが。

てなわけで、 『寺家クロバタケ3号窯』 のデータはこんな感じ。
地面の状態はけっこうわかっているようですが、窯の材質・形状・作成方法は未だわかっていない状態ですね。
さあ、果たして成功するのかどうか。
楽しみです(笑)。

      kurobatake3gou.png



作製する窯の構造①

実験で作製する窯は、とりあえず 『鉢ヶ崎1号窯』 と命名されてるようです。
今回は、その 『鉢ヶ崎1号窯』 の大まかな構造を書いてみたいと思います。

窯の外側の大きさは、縦幅9.5mくらい、横幅3mくらいになる予定。
焼成室内の広さは縦は7.5mくらい、横は1番広い所で2mくらいですね。

1番奥に煙を逃がす穴が開いていますが、これの形ついては推測の域を出ていないようです。
『寺家クロバタケ3号窯』 の発掘ではその痕跡は発見されておらず、また、その他の窯跡でも見つかっていないため、実際の形状は現時点では不明なのです。
ただし、この当時上に伸びる煙突的なものは、まだなかったとのこと。
最終的に↓の図のような形になるかは、はっきりとは決まってない様子ですが、もしこのような形になるにしても、『寺家クロバタケ3号窯』 では、焼成室の床面から直接延びる溝状のものは見付かっておらず、焼成室の床面からは1段上がった形で付けられるようです。

んで、今回はここまで。
次回は、側面図等紹介したいと思います。

      kamasextukeizu1.png



作製する窯の構造②

今回は、 『鉢ヶ崎1号窯』 の構造についての続き。

だいたいの大きさは先日書いたとおりですが、側面図を見て注目していただきたいのは、その角度。
焼成室内の床面の角度は、およそ12度。
これはモデルとなる 『寺家クロバタケ3号窯』 のそれと同等の角度になっているんですが、この角度は全国的に見てもかなり緩いもののようです。
このような角度の緩い窯は、珠洲焼の、特に初期の窯の典型らしく、それでしっかり焼けるのか確かめるのも実験の目的の1つとこと。

窯の高さは、だいたい1.5mくらいじゃないかと思います。
まあ、このへんはちょっと理解不足で記憶が曖昧かも(汗)。
ひょっとすると1.2~1.3mくらいかもしれません。

窯の壁面の厚さは、ドームの最下部でおよそ50cmくらい、最上部で20cmくらいとのこと。
このへんの形状は、様々なデータから推察されたもののようです。

出来上がりがどういう形になるかは微妙ですが、とりあえずこれが作成予定の窯の形状です。
カッコイイ出来上がり写真を載せられるように頑張りたいですね(笑)。

kamasextukeizu2.png



窯の材料

今回は、窯の材料について。

今回作製する 『鉢ヶ崎1号窯』 は、発掘されている 『寺家クロバタケ3号窯』 をモデルにしていますが、実際のところ窯の材料については、はっきりとは解明されていません。

前にも書いたとおり、窯の地上部分は再利用されたのか、ほとんど見付かっていません。
しかし、全くないというわけではなく、わずかながら窯の壁であったろうと思われる部位(焼成室に近い面の)も発掘されています。
その、発掘されているものと、全国的に見られる古窯の研究データから推察し、今回の材料は決定されます。

基本、使われるのは、粘土、砂、スサで、これらをどうゆう比率で配合するかが、窯の崩落を防げるかどうかを分けそうですし、重要なところです。

●粘土
廃業した瓦工場に残されてたある程度精製されているものを使用するとのこと。
この粘土の中には既に砂もある程度混ぜてあるかもしれず、そのへん私達素人にはわかりませんが、見極めが必要なようです。
070928-01.jpg

●砂
砂についてはあまりその役割的なものは、私はまだ十分には理解できていません。
しかし、聞いてる限りで言えば、砂の選択、及び比率もかなり重要なようです。
当然、どんな砂でもいいわけではなく、耐火性や粘りなど考慮しながら選択する必要があるとのこと。
当然、昔の珠洲焼の窯に使用された材料は、珠洲で入手できるものが使われていたはずですが、珠洲に多く見られる珪藻土を多く含んだ土は不適合らしく、また、珠洲の土は比較的耐火度が低いとのことで、選択が難しいようです。
070928-02.jpg

●スサ
スサとは普通、壁土などに亀裂を防ぐために混ぜられる繊維質の材料を指します。
壁土に混ぜられるのは藁が多いようですが、麻や紙が混ぜられることもあるようです。
今回はおそらく藁が使用されるでしょう。
実際、どれほどの必要性があるかは分かりませんが、形成時に形を保つことだけでなく、窯の焼入れや焼成時での熱膨張による亀裂を防ぐ効果があるのではないかとのことです。
070928-03.jpg

私の見聞した範囲での印象で言えば、けっこう粘土度の高い配合になるのではないかと思います。
というのは、わずかに見付かった壁とおぼしき発掘品を見ると、かなり陶器に近い硬いものでしたので。
土壁に近い砂の多いものならば、ざらつく砂がポロポロ剥がれ落ちそうなものですが、ぞういう形跡は全くありませんでしたし、生産性とかってことを考えても、あまり脆い壁では長持ちしないでしょうし、それなりに堅固なものだったんじゃないかと考えられます。
学芸員さんも、今回の窯は、イコール大きな陶器というイメージだと言ってましたしね。
070928-05.jpg

とはいえ、これはあくまでも私の印象です。
粘土度が高いって言っても、100%粘土って思ってるわけじゃありませんし、また、どの比率で高いって言えるのかも、よく分かっていないんですから(笑)。
それに、陶芸家さんによると、見付かった壁の一部はわりに軽いとのこと。
粘土のみのものならば、もっと重くなるはずだとのことで、砂が混ざってるのは確実でしょう。

まあ、そのへんも注目しながら、私的にはかなり興味津々です。


昨日・一昨日の作業状況

窯作製の進行状況を見て来ました。
9月29日、30日に作業が行われていたわけですが、私はちょっと旅行に行っていたため参加できませんでした。
正直、こちらの実験の作業のほうに興味はそそられていたんですが、この実験のお手伝いに誘われる前に旅行の参加を申し込んでいたので、ちょっと後ろ髪引かれる思いで行ってきました。
まあ、旅行のほうも行ったら行ったで、けっこう楽しんでは来たんですけどね(笑)。

まず、目に付いたのは単管パイプを使用した窯を覆う屋根が設置されていること。
まあ、屋根は半分しか完成していない状態ですが、ほぼ出来上がっている感じでした。

071001-01.jpg

071001-02.jpg

そしてもう1つは、窯の正確な位置が決められ、ちょい掘り込まれていること。
珠洲古窯研究会のHPによると、角度を調整するために掘り込んだとのこと。
これにより窯の姿がおぼろげに見えてきて、ちょっとワクワクしました。

071001-03.jpg

071001-04.jpg

当初、学芸員さんが予定していたこの2日の作業は、
29日午前 単管パイプによる小屋(?)の設置
29日午後 窯の位置を決め、角度を調整する
30日午前 窯内に杭を打ち込み、窯の内壁型に製材切端を積み上げる
30日午後 できれば、粘土等による窯の作製を始める

要は、理想の半分までの進行って感じですかね。
屋根は半分ほどしかできておらず、しかも、話では両脇に雨が流れる三角な屋根の予定だったはずが変更されている。
木材による屋根枠の補強も予定外の作業に見えるし、なかなかに悪戦苦闘の作業だったことが伺われます。

それでも、印象としては2日でよくここまで頑張ったな、という感じ。
決して、そんなに進まないだろうと思っていたわけではないんですが、残っている作業の結果を見ると、十分進んでると思いましたので。
来週はお手伝いする予定です。


屋根完成・床土敷き

本日は残りの屋根の作製・設置を行い、その後床土を敷きました。

午前中、参加者は3人。
3人で半分くらい残っていた屋根を作製しました。
木で枠を作り、その後その枠にトタンを打ち付ける作業です。

午後からはもう2人加わり、5人での作業。
もう少しだけ残っていた屋根作製の作業を終わらせ、単管パイプで作られた土台に設置しました。

071006-01.jpg

071006-02.jpg

屋根が出来上がった後は、床土敷き作業。
前回の作製工程⑥にも書きましたが、この作業は予定外のもの。
埋め立てられた土地だったため、地盤が砂と珪藻土だったため、窯の床面に不適格であり、床土を敷く必要が出てきたのだ。

ちなみに↓は、前日までに学芸員さんが作業の遅れを憂慮し、本来の仕事後、夜1人で作業してた部分。
お疲れ様です。

071006-03.jpg

まずは、床土作り。
窯とは別の場所、といってもそんなに遠くない、車で5分くらいのところにある珠洲市陶芸センターにて、機械で粘土と砂を混ぜ合わせます。
この機械は、参加者の1人である建設業の方が貸してくださったものですが、本来、家の土壁作りに使う機械です。
土とスサ(藁など)を混ぜるもの。
最近では、新建材といわれるようなパネル状のものが使われることが多く、以外にレアな代物かも?
この機械も昭和51年製ですし、もう35歳、骨董品です(笑)。
しかし、この機械がなかった場合、人力でこねなければならなかったわけで、この後の窯の壁作りを考えてもホント大助かりです。

071006-04.jpg

んで、出来上がった床土を運び、それを床面に敷き詰めていきます。
叩き締めながら、まんべんなく。
本日は約半分くらいまで終了。
お疲れさまでした。

071006-05.jpg

071006-06.jpg



Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。