スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯の様子

久しぶりに窯の様子を見てきました。
窯出し以来です。

目に付いたのは、燃料が整理されていること。
残っていたものが積み直してありました。
皆さんお疲れ様です。
けっこうありますが、前回の焼成を考えるとちょっと足りない気も…。

091104-01.jpg

091104-02.jpg

091104-03.jpg

窯的に目に付いたのは水分の影響について。
焚き口から2mくらい濡れてきていました。
地下水の影響でしょう。
次回の焼成、天候に恵まれると良いのですが。

091104-04.jpg

スポンサーサイト

窯の補修

本日は、第5回焼成実験に向けて窯の補修を行いました。
とは言っても、私は所用があり参加できず、本日の作業が終る頃覗きに行っただけですが。
学芸員氏が1人で、補強の柱を立て、ヒビを埋めていました。
お疲れさまでした。

091108-01.jpg

窯の補修

本日、久しぶりに実験窯に行ってきました。
窯は、ちょっとだけ濡れ方が増えてる感じ。
まあ、ほんのちょっとだけ。

091122-01.jpg

で、第5回焼成実験に向けて窯の補修をしました。
具体的には、保険の柱を1本増設したカタチ。

ちなみに、あまりに動きがなかったので第5回焼成実験はお流れになったのかと思ったりしていましたが、どうやらやるようです(笑)。

091122-02.jpg

柱を立てて、一応補修完了ということで、後は作品を詰めれば準備OKです。
本日は、焼き直しをする学芸員氏が作ったお地蔵さんのみ並べました。

091122-03.jpg

窯詰め

夕方、窯詰めを少々行いました。
今回の焼成は、基本焼き直しが目的で、焼き方としては、あぶりをやらず急加熱する予定ですので、少なくとも素焼き程度焼けてる品物を焼く予定でした。
しかし、後方に少しだけ焼けていないものを置くことになりました。
割れなければいいのですが。

入れたもの↓

091124-01.jpg

091124-02.jpg

ちなみに、私の作ったのも3つだけ入れました。
ホントは、先日彫った 『珠洲ⅡA・壺』 、 『ブレンドⅤK・壺』 を入れる予定だったんですが、珠洲市陶芸センターに頼んでいた素焼きが結局間に合わず、入れるのを断念しました。
しかし、何も入れないっていうのもちょっと寂しい気がしますので、焼く予定のなかったものをいくつかチョイスしたカタチ。

で、入れるのは、 『ブレンドⅣA・壺』 、 『仮掘り水簸済みA・壺』 、 『ブレンドⅤI・壺』 です。
どれも一癖あるものばかりで、普通に焼いても割れそうなんですが、果たしてどうなるでしょうか?(笑)

091124-03.jpg

以上のものは、窯の後方に。
ホントは、このへんはどうせ焼けないからと、今回は何も置かない予定でした。
温度が上がらない反面、前の方ほど急上昇もせず、素焼き程度には無事焼けるのではと期待してたりもするのですが、はてさて。

091124-04.jpg

091124-05.jpg

窯詰め

晩に再び窯詰めを行いました。

入れたもの↓。
全て焼き直しものです。

091124-06.jpg

091124-07.jpg

私が運んで、学芸員氏が並べました。
まあ、私はお手伝いした程度です。

091124-08.jpg

こんな感じになりました↓。
今回は小物が多いので、床に並べると上の空間がかなり目立つ感じ。
熱効率的にどうなんでしょうね?
今回の実験は、どうせ復元的要素はかなり薄いですので、ベストポジションに棚板を積んでも良かった気がするんですが。

091124-09.jpg

091124-10.jpg

091124-11.jpg

091124-12.jpg

窯焚き準備

本日より窯焚きに入ります。
そんでまずはその準備。

まず、こっそり 『信楽A・壺』 を入れました。
まあ、すぐにバレちゃったんですが(笑)。
一応、焼き直して自然釉がかかるのを狙ってです。

091125-01.jpg

それからゼーゲルコーンを入れました。
今回は、火前にのみ入れました。
中間や後方はそれほど意味はないかなということで。
2本立ててますが、1200℃と1280℃で倒れるやつです。
1280℃のを倒すのが、一応今回の焼成の目安の1つです。

091125-02.jpg

091125-03.jpg

次に、温度計を設置。

091125-04.jpg

そして、焚き口を作りました。
準備完了です。

091125-05.jpg

091125-06.jpg

窯焚き

10時過ぎに窯焚き開始。
珠洲古窯研究会会長の手により着火されました。

091125-07.jpg

091125-08.jpg

私は、しばらく見学してから帰宅。
0時頃からのシフトに入ってますので、夜中に焚きます。

091125-09.jpg

25日の温度推移

1日目【25日】の窯内の温度の推移は次の通りです(燃焼室前部)。

10時   10℃
11時   87℃
12時   81℃
13時   81℃
14時   89℃
15時   91℃
16時   100℃
17時   152℃
18時   146℃
19時   148℃
20時   161℃
21時   156℃
22時   184℃
23時   200℃
24時   186℃

今回は、基本焼き直しですので、炙りは短めでこれまでより急加熱させるカタチ。
本日は、夕方まで100℃以内キープ、夕方から150℃キープで、9時過ぎから温度を上げ始めたようです。

窯焚き

夜中にシフトに入りました。

夜に入りかなり大きな雨が降りました。
週間天気予報では窯焚き中は何とか降らずに済みそうだと思っていましたが、アテが外れましたね。

091126-01.jpg

091126-02.jpg

まあ、特に問題なく焚けたカタチ。
朝まで焚いて交代しました。

091126-03.jpg

26日の温度推移

2日目【26日】の窯内の温度の推移は次の通りです(燃焼室前部)。

1時   247℃
2時   300℃
3時   318℃
4時   395℃
5時   435℃
6時   433℃
7時   448℃
8時   492℃
9時   470℃
10時   490℃
11時   531℃
12時   568℃
13時   590℃
14時   621℃
15時   660℃
16時   760℃
17時   728℃
18時   763℃
19時   731℃
20時   740℃
21時   760℃
22時   750℃
23時   722℃
24時   720℃

朝まで上げて行き、500℃くらいでしばらくキープ。
その後再び上げ始め、夕方頃から750℃くらいをキープしていますが、これは上げあぐねてってのもあるようです。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。