スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 詰める作品

明日窯詰めということで、今回入れる作品が集まってきていました。
こんな感じ↓。

110616-05.jpg

110616-06.jpg

110616-07.jpg

110616-08.jpg

スポンサーサイト

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯詰め

本日は、復元窯の窯詰め作業をお手伝いしてきました。

110617-01.jpg

今回の窯焚きは、実験的焼成ではなく、窯の完成披露のセレモニーというかイベントというかそういう意味合いが強いため、焼き不足になる窯の後方部には作品は詰めませんでした。

110617-02.jpg

夕方、窯詰め完了。

110617-03.jpg

110617-04.jpg

110617-05.jpg

110617-06.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 準備

窯詰め終了後、窯焚きの最終準備を行いました。

レンガで焚き口を作成。

110617-07.jpg

110617-08.jpg

110617-09.jpg

夜、温度計を配置しました。

110617-10.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯焚き開始

本日、朝より窯焚き開始です。

復元窯は珠洲市立珠洲焼資料館の施設であり、今回の窯焚きはその完成披露イベントと意味合いもありました。
そんなわけで、今回は珠洲市長の挨拶があり、そして、市長による火入れ式が行われました。
マスコミ関係者もけっこう来ていたりして、ちょっとにぎやかに窯焚き開始です。

110618-01.jpg

110618-02.jpg

110618-03.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯焚き1日目

火入れ式終了後、日中は私が焚きました。
まあ、あぶりの状態ですので100度以下キープで、気軽に焚き火してた感じですね。

110618-04.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯焚き2日目

0時頃から朝までのシフトに入り焚きました。
引き続き100度以下キープであぶり。
まだまだお気楽状態。

110619-01.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯焚き3日目

0時頃から朝までのシフトに入り焚きました。
じわじわ温度を上げてきていますが、朝交代の時点で200度くらいということで、まだまだ楽勝です。

110620-01.jpg

110620-02.jpg

110620-03.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯焚き4日目

0時頃から朝までのシフトに入り焚きました。
窯内の温度は、朝交代の時点で300度強くらいでした。

110621-01.jpg

110621-02.jpg

110621-03.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯焚き5日目

0時頃から朝までのシフトに入り焚きました。
窯内の温度は、朝交代の時点で400度強くらいということで、徐々に熱くなってきました。

110622-01.jpg

110622-02.jpg

窯的には乾燥が進んできていて、ヒビ割れが見え始めたり、またそのヒビから湿気が出ている様子などが見られました。

110622-03.jpg

110622-04.jpg

110622-05.jpg

110622-06.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯焚き6日目

0時頃から朝までのシフトに入り焚きました。
窯内の温度は、朝交代の時点で700度弱くらい。
けっこう熱くなってきました。

110623-03.jpg

110623-04.jpg

ヒビからはやはり湿気が。

110623-05.jpg

日中少しヒビを塞いだようでした。

110623-06.jpg

110623-07.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。