スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品作り

今回焼いた私の作品。

中壷は、割れなかったので、まあ、まあまあといった感じ。

110701-08.jpg

花器の方は、底部が全く乾いていませんでしたので割れる可能性が高いと予想していましたが、やはり割れちゃいました。
う~ん、残念。

110701-09.jpg

スポンサーサイト

作品作り

今回は、特にこれといったものは入れてないのですが、唯一小壷を1つよく焼けるところに置いてもらいました。
焼け自体はいいようですが、赤くなっちゃったのが目につきます。
特に珠洲焼は赤くなっちゃいけないという厳密な定義はありませんが、一般的には黒というか濃い灰色というかそんな捉え方をされていますし、そういう意味では珠洲焼っぽくない感じになっちゃいましたね。
私的にも、やはり違和感があります。

まあ、私が焚き方・閉め方を指揮したわけではありませんが、今回は古い珠洲焼に近い風合いに焼き上げるつもりで焚きましたし、その狙いのための焚き方も悪くない感じだなと思って見ていました。
しかし、予想外の結果になり、ちょっと驚きました。
とはいえ、責任のない立場にいる身としたは、この予想外の結果も面白かったりしていますが。

110830-10.jpg

110830-11.jpg

作品作り

小壷以外のものは最後方あたりに並べたもので、基本的には特にどうなって欲しいわけでもないものばかりだったんですが、その中で1つ中甕はほんの少しだけ期待してました。
もし、割れなければいつか焼き直してもいいかなという感じで。
しかし、結局底部に大きなヒビが入ってしまい、残念な結果になってしまいました。
まあ、この作品は焼く機会はないと思っていましたので、焼けただけで満足ではありましたが。

110830-12.jpg

110830-13.jpg

作品作り

一応、残りの入れたものもご紹介。
素焼き強に焼けていました。
場所塞ぎに入れたものですが、入れたことによる窯全体の焼けに効果があったかどうかはわかりませんね。
まあ、私的には作りはともかく、実験的な土を使った品物もあって、それがどう焼けるか確かめられただけ有意義ではありましたが。

110830-14.jpg

110830-15.jpg

110830-16.jpg

110830-17.jpg

110830-18.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。