スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度が上昇しなかったことについての考察

今回は、今回の焼成実験で温度が上がらなかったことについて考察してみます。

今回の実験の目標はよりいい作品を焼くことでしたが、そのために前回より温度を上げることにしていました。
具体的には、焼成室前部で1200℃~1250℃くらいまで上げようとしていたんです。
しかし、結果的にはそれは叶いませんでした。
結局最高で1180℃くらいだったと思います。

前回の実験では、瞬間的には1200℃を超えていましたし、あえて超えないようにセーブしていたくらいでしたから、この点については達成できないとは考えてもいませんでした。
焚いてる最中は、気温や気圧の条件が悪いから?とか焚き物の室が悪いから?とも考えましたが、一番可能性が高いのは焚き方が悪いからだと考えていました。
しかし、焚き方にしても、適当に焚いていた前回とは違い、酸化焼成だとか還元焼成だとかいろいろ考えて焚いていた今回のほうが丁寧だったし、上手に焚けていた気がしていて、ちょっと腑に落ちなかったりもしていたのも事実です。

しかし、本日学芸員氏から違った原因の可能性があるとの指摘がありました。
その原因というのは、ズバリ “水分” !
地面からしみ出てきている水の影響で温度が上がらなかったのではないかというのです。

その根拠は、前回と今回の窯閉塞後の窯内の温度の低下の度合いの違い。
今回は前回と比べ窯内の温度の低下がメッチャ早くて、この原因が床からしみ出ている水なんじゃないかというのです。
つまり、焼成中もしみ出る水の影響で温度が上昇しなかったのではないかとのこと。
これは、かなり当たっているのではないかと思います。

↓写真は昨日撮影したものですが、窯前方のあたりでは地下からの水が切れていないのがよくわかります。
特に、焚き口の写真は、下のほうが濡れているのを見ると、今尚水が出てきていることがうかがえます。
前回は全て燃えきっていたオキが、今回は消し炭として大量に残っていたのもこのせいなのかもしれません。
もちろん、窯内部の温度低下率もオキの残り具合も、前回との気温の差や、最後に入れた雑木の質や量の差とも考えられなくもないですが、しみ出る水分の影響と考えるほうが自然なんじゃないでしょうか?

081209-01.jpg

081209-02.jpg

081209-03.jpg

実は、前回の実験時にある陶芸家の方からそのやり方では温度が上がらないという指摘をいただいていました。
その方は土窯ではないでしょうが、地面に直接穴窯を構築したようで、その窯では温度が上げれなかったとのこと。
地下水の影響を受けるからとのことでしたが、正に今回そんな感じ。
前回は天候にも恵まれ、水の影響をほとんど受けることなく焼成することができたため、この点について意識することはありませんでしたし、そういう指摘もあまり気に留めていませんでした。

考えてみると、昨年の失敗を振り返った時に炭窯との違いについて考えてみましたが、そこで炭窯では下の地盤と縁切りするということをしていたことが思い出されます。
具体的には、床に丸太を並べ、その上に粘土を貼るとのこと。
これは恐らく床からしみ出る水分対策ということなのでしょう。
ちなみに、前述の陶芸家の方は床に鉄板を敷いて焼成を行っているとのことでした。

また、今回の窯は、実際に発掘された 『寺家クロバタケ3号窯』 を復元したものですが、そのモデルとなる 『寺家クロバタケ3号窯』 には、窯内の床に暗渠状に排水溝らしきものがあったとのこと。
今回、復元に際し、そこまで忠実に復元する必要もないだろうとのことで、それは作りませんでしたが。
しかし、そういう構造になっていたということは、その窯でも水の影響を考慮していたことになりますし、やはり水に対しては神経質にならないといけないのかもしれませんね。

今回の件で感じたのは、窯を作るにも水の影響を受けないような立地条件を考えなきゃならないということと、窯焚きするにしても時期や天候をよく考えなきゃならないなということです。
昔の人だって、 『寺家クロバタケ3号窯』 の暗渠を見ても分かる通り、水による焼成への影響は認知していたでしょうし、特に珠洲焼のように他地方から技術を伝播されたカタチのものでは、そのへんのノウハウもあったんだろうと考えられます。

というわけで、今回の温度を上げれなかったことの原因は水の影響であったろうと考えられます。
次回の実験、そして、復元への考え方として、水対策は重要なポイントだと思われます。


スポンサーサイト

第2回焼成実験を振り返って① 自己採点

今回の焼成実験を振り返っての感想など書いてみます。
例によって、あくまでも私の個人的なものですが。

正直今回の実験は私的には大失敗でした!(涙)
点数にすると100点満点中30点くらいですかね。
これでもちょっと甘いくらい。

今回の実験の目標は、作品を "うまく焼く” ってことでした。
具体的には、
●しっかり還元焼成する
●焼き上がり度を上げる
●昔の珠洲焼きっぽい色合いに
といった感じ。
しかし、結果的には、目標にしていた焼き上がりには至らず、それどころか、作品の大半が割れてしまったため、 『作品を "うまく焼く”』 ことは出来なかったと言うほかありません。

そんなわけで、0点と言ってしまってもいいかとも思わなくもないですが、それなりに出来た部分もありましたし、また、今回の失敗から学ぶことも多く、実験の意義は私的にはそれなりにありましたので、少々甘いかもしれませんが30点とさせていただきました。


第2回焼成実験を振り返って② 還元焼成について

今回は、今回の実験の作品の還元について書いてみます。

前回の第1回焼成実験では、作品は酸化焼成したものほど赤くはなっていませんでしたが、やや赤っぽいというか赤みがかっているというかそんな色合いになってしまいましたし、割ってみても表面だけじゃなく内部も赤みを帯びていました。
これは、やや酸化していたからだと考えられます。
中まで赤いことを考えますと、温度上昇時、そして高温時に還元状態を維持しきれてなかったと思うのです。

それを踏まえ、今回は赤くならないように還元焼きをすることが目標の1つでした。
っていうか、前回はあんまりそんなこと考えて焚いていませんでしたね(笑)。
今回は、そういう目標があったというのありますし、温度が上昇しなかったこともあり、逆にかなり炎や煙に注目して焚いたため、けっこう酸化状態なのか、還元状態なのかといろいろ考えながら焚きました。
実際、ベストな具合で焚けたかは怪しいですけど、ほぼ還元状態で焚くことできたとは思います。

結果的に言うと、この点はクリアできたと思っています。
今回は、作品が赤みがかることはありませんでしたし、割ってみても割れ口も赤くはなっていませんでしたので。
まあ、今回は戻し還元にしたってのもありますが、還元焚きはある程度できる感覚はつかめた感じです。


第2回焼成実験を振り返って③ 焼き上がり度合い

今回は、今回の実験の作品の焼き上がり度合いについて書いてみます。

前回の第1回焼成実験では、作品的にはやや焼きが甘い印象がありました。
今回は、しっかり焼いて、できれば作品にかかった灰が溶け、自然釉の風合いが出てくれる、そういう状態を目指していました。
そのために具体的には、最高温度を上げることと、高温域での焼成時間を長くするというカタチをとることにしていました。

しかし、結果的には最高温度を上げることはできず、目指す結果には至りませんでした。
これは 『温度が上昇しなかったことについての考察』 でも書きましたが、床からしみ出す水の影響が原因であったと考えられます。

作品が、思うようなカタチに焼けなかったのは残念でしたが、この床からの水分の影響について今回の実験で学べたことは、有意義でした。
また、前回の実験でではなく、今回の実験で学べたこともタイミング的にラッキーだったと思っています。
前回の実験で天候が崩れ、水分の影響で温度が上げることが出来なかったら、その時点でこの窯の能力はここまでと思ってしまっていたかもしれませんので。
窯の形状的には、十分温度を上げられることは立証済みですし、後は水分にどう対処するかということを考えればいいわけで、この2回目のタイミングでこのマイナス要素を学べたのは大きかったです。

ちなみに、目指すレベルにまでは至りませんでしたが、前回よりも今回のほうが焼き上がり度で言うと上がってはいました。
これは、最高温度は前回よりも低かったものの、高温域での焼成時間は前回よりも伸ばすことはできましたので、そのためだと思われます。
まあ、ちょっとだけ前進できた感じです。


第2回焼成実験を振り返って④ 作品の色合い

今回は、今回の実験の作品の色合いについて書いてみます。

前回の第1回焼成実験では、作品の色としては黒くてほんのちょっとだけ赤みがかっている感じでした。
今回は、より昔の珠洲焼きっぽい色合いに焼き上げることを目標の1つにしていました。
灰色がかったというか白っぽいというかそんな風合いに。
そこで、今回選択した具体策は、弱い還元焼成と戻し還元です。

赤くなるのは酸化状態の結果であり、そうならないように還元状態は維持する。
また、窯を閉める段階でも酸化しないように念を入れて戻し還元にする。
黒くなるのは、還元がキツ過ぎるからであり、あまり強度の還元状態にはしないようにする。
また、火を止める段で行う "燻べ焼き” が珠洲焼きの特徴ではりますが、この燻べが強すぎるのも黒くなる要因と考え、この燻べも軽くするつもりでした。

結果的には、酸化対策については前々回書いた通り還元状態は維持できましたので一応成功したカタチ。
しかし、黒さを抑える点では失敗しました。
黒さという点では、前回よりもより黒くなっちゃいましたので。

還元焼成については、強かったり弱かったり一定して焚けてはいませんでした。
しかし、焼け上がりの色合いに及ぼす影響から言うと、この焚き方のバラつきはさほど問題ではなかった気はします。
とはいえ、あまり強い還元状態は燃料の過剰消費をしちゃいそうですし、今回のように温度的にシビアな状況では特に感じましたが、温度の維持、そして上昇がを考えても、ある程度抑え目に焚くほうが有効に思えました。

今回問題だったのは、戻し還元時における "燻べ” の抑えができなかったこと。
漠然としたイメージで戻し還元にするとしか考えていなかったのと、燃料が足らなくなったこともあり、戻し還元が急ピッチなものになってしまいました。
そのため、前回よりむしろ "燻べ” の度合いが強くなってしまい、結果的に作品はテカテカの真っ黒になっちゃいました。
この点は大失敗です。

次回は、戻し還元を行うのか行わないのか考えなければいけませんし、やるならどんなペースで行うのかを焼成開始前にしっかり計画しとかなければならないと思います。
私的には、しっかりオキを溜めれば戻し還元にこだわる必要がない気がしますし、また、戻し還元するのであれば、温度を下げる作業に半日くらいかけてじっくり行う必要があると思うのですが。
とにかく、この点は次回改善しなければならない重要なポイントの1つです。


第2回焼成実験を振り返って⑤ 作品の割れ

今回は、今回の実験の作品の割れについて書いてみます。

今回の実験が失敗だったと言わざるをえなかった最大の要因は、何と言っても作品が割れてしまったこと。
2度焼きの分はともかく、今回初めて焼くカタチの作品は、そのほとんどが大なり小なり割れてしまいました。
前回の第1回焼成実験でも数点割れたりヒビが入ったりというものはありましたが、大半は割れませんでしたし、正直今回の結果は予想していませんでした。

私が考えた理由は、温度管理の失敗です。
温度の急上昇・急下降により、作品の前後で温度差が発生してしまい、それにより膨張収縮率の差が出て、結果割れてしまったのではないかと思ったのです。

今回は前半は比較的いい感じで温度を上昇させることができましたが、後半用意しておいた燃料が無くなり、湿った燃料を使ったことにより温度が降下。
その後、陶芸家氏に乾いた製材切端を貸していただき、温度を再上昇させることができました。
温度の推移としては、1000℃超→800℃弱→1000℃超といった感じ。

この温度のアップダウンが致命傷になったのではないかと思ったのです。
特に上昇時は、燃料の残量も気になり、とにかく急いで温度を上げることに努めましたので、かなり急な温度変化に伴う負荷を作品にかけたと思われます。

このアップダウンが割れの一番の原因じゃないかと考えたのは、今回入れた中で最も大きかった作品がこのアップダウン後に割れて崩れたからです。
用意した燃料が無くなる前に一度1000℃を超えた時には大丈夫だったのに、再び1000℃を超えた時に崩れたのは、この一連の温度変化の影響があったのではないのかと考えられるので。

また、温度変化的に考えられるのは冷め割れという要素。
今回は窯を閉める前の戻し還元による温度低下が急でしたし、その後の温度低下も前述の通り前回よりもかなり急だったわけで、その温度低下率が高いことによる冷め割れもちょっとあったのかなと考えたりも…。

しかし、学芸員氏の推察はまた違ったものでした。
それは、水分の影響があったのではないかというもの。
今回、床から染み出た水の影響により温度を上げきらなかったと考えられるということは既に書きましたが、その水分が作品にも悪影響をもたらしたのではないかとのこと。

確かに、床から大量に水蒸気が上がる状況では、作品に影響が出てもおかしくないと思われます。
昨年の窯作りの失敗でも感じましたが、土が受ける水蒸気の影響はバカにできませんからねぇ(汗)。
もちろん、どれくらいの水蒸気が出てたかにより、影響の度合いは違うんでしょうが、窯出し時の灰の濡れ方を見てみると、今回はけっこう出てた気がします。

今回の割れについて珠洲焼研修生の方に、「なんで割れたんでしょう?」 と聞いてみたところ、いの一番に水蒸気の影響ではないかとの言葉が返ってきました。
これは水蒸気の影響により作品に割れが入るという認識が陶芸家の方にもあるということでしょう。

また、今回割れ方を見ると、全般的に作品の下部に割れ・ヒビが多く見られました。
これは、床から上がる水蒸気の影響を作品の下のほうがより受けるからじゃないかと思われます。
まあ、単に形状的にそうなってしまうのかもしれませんが、そんな気が。

それから、前回と今回の違いを考えても水蒸気説は説得力があります。
前回より今回のほうが断然割れが多く見られましたし、前回と今回の状況的に一番の違いは、やはり水の影響であり、この要素が結果の違いにも表れたと考えるのが妥当かもしれません。
実は温度のアップダウンは前回のほうがもっとありましたし、単に温度変化だけが原因なら前回ももっと割れてていいでしょうからね。

てなわけで、いろいろ考えた結果、作品の割れの一番の要因は床から染み出た水の影響ではないかと考えています。
ただし、それだけではなく、そこに焚き方のマズさが加わって今回の結果になったのではないかというのが私の結論です。
つまり、床からの水蒸気の影響により作品が脆弱化し、そこに急激な温度変化による膨張収縮が追い討ちをかけ、あれほどの割れが見られる結果になってしまったと思うのです。

それを踏まえ、次回の課題は水分対策と安定した温度管理と言ったところ。
それだけできれば、割れることはない!
と考えるのは浅墓ですかね?(笑)


第2回焼成実験を振り返って⑥ 私の作品について

今回は、今回の実験の内容とは外れますが、私の作った作品について書いてみます。

今回、私の作った作品は全滅!!
全て割れてしまって、ホントにガッカリ(涙)。

とはいえ、その可能性がゼロではないとは思っていました。
なんせ、素人が作ったものですからね。
ただし、予想外だったのは、私のものだけではなく他のものもほとんど割れちゃったってこと。
これだと実験全体が失敗になり、そのショックに比べると、おまけの私の作品の出来なんて二の次な感じでした。

作品作りの反省としても、作りが悪かったからか焚き方が悪かったから分かりませんし、なんか締まらない結末に。
ぶっちゃけ、 「私のは割れたのに、セミプロの人が作ったものは割れておらず、やはり技術の差は歴然であり、まだまだ練習が必要です。」 、だとか、 「それでも1個だけ割れずに済んで、超うれしー!」 だとかってブログに書こうと思っていたんですが…(笑)。

とはいえ、へたくそな作り方は良くないということもちょっとは感じました。
それは、一番最初に作った作品が1番ボロボロだったので。
1番最初に作った作品は、一番温度ムラの影響が少ないと思われる焼成室中央より後方に置いてありました。
それなのに一番割れがヒドかったのは、やはり作りが一番悪かったからでしょう。
実際一番歪んでましたしね(笑)。

とまあ、何とも内容のない作品作りについての反省になっちゃいましたが、今回感じたのはそんな感じ。
一応、次回も作ってみようと思っていますので、次回はぜひ1つぐらい割れずに完成させたいですね。


第2回焼成実験を振り返って⑦ 燃料の不足について

今回は、今回の実験での燃料の不足についての反省です。

今回も燃料は基本製材切端を使い、最後にオキ作りと戻し還元に雑木を使う予定でした。
しかし実際は、用意していた製材切端が無くなり、後半は借りた製材切端と雑木を混ぜて焚くカタチになりました。
用意していた燃料が足らなくなったことにより、温度の安定性がなくなり、余裕のない焚き終わりになっちゃいました。
当然、大反省点です。

とはいえ、今回は前回のように燃料面のことを軽くは見てはいなかったんですけどねぇ。
十分用意して余力があるくらいのイメージだったんですが、計算違いでした。
前回の第1回焼成実験で使った量から算出したはずでしたが、どうやら全く違っていたようです。

この見立て違いが、単なる計算違いだったのか、温度推移や天候や染み出す水分の量などの違いにより消費量が変わっちゃったためなのか、次回要チェックです。
まあ、私的には前者の確立が高いかなと思っていますが、いずれにしろ次回は2回分くらい用意するような感じで十分すぎるほど燃料に余裕を持って実験を行いたいですね。


第2回焼成実験を振り返って⑧ 窯について

今回は、今回の実験での窯の状態について書いてみます。

前回の第1回焼成実験では、焼成しての窯の維持が重要な要素でした。
しかし、今回は1度成功していることもあり、その点については大丈夫だろうという予想はしていました。
結果的にも、窯に関しては全く危なげがなかった気がしています。

ただ、あえて不安要素を2つ挙げてみます。
1つは、ヒビ。
窯頂上部に、前回はなかったヒビが新たに真っ直ぐ出現したこと。
このヒビが意味するものは何なのか?

もう1つは、温度を上げきれなかったこと。
前回より50℃ほど最高温度を上げる予定でしたが、今回そこまで上げることはできませんでした。
おそらくそれ以上温度を上げることないと思うのですが、上げた時に何らかの変化が起こるのか未確認に終わってしまいましたので…。

とはいえ、どちらも杞憂ではないかと思っています。
ヒビもちょっとやそっとじゃ窯が崩落するほど影響しないと思いますし、温度を50℃くらい上げてもさほど窯に変化が起きることはないのではないかというのが実感です。

っていうか、この窯かなり長持ちするんじゃないかと思っていたりもします。
天災か焚き方のミスでバカみたいに温度を上げちゃわないかぎり、そんなに簡単には崩れないのではないかと思うのです。
現在では温度計も使っていますし、温度の上げすぎは考えられず、地震や台風の被害でも受けないかぎりは崩落の危険性はないのではないかという気がしてるのですが、はてさて。

まあ、適当な推測はさておき、今回の実験では窯はさほどのダメージは受けていないってのが実際のところです。
その点は、けっこういい感じ(笑)。


第2回焼成実験を振り返って⑨ 次回に向けて

第2回焼成実験はイマイチな結果になってしまいました。
しかし、時間を置いて冷静に考えてみると、学ぶこともいろいろあって、全く無駄ではなかったと思っています。

次回の目標は、今回至らなかった "いい作品を焼き上げる” ということを今度こそ達成する!ということになるのではないかと思います。
そのための1番の課題は、水分対策。
これをクリアできないと成功はありません。

プラス、還元と燻べの指針をしっかり定めること。
これに関しては、何度かやらないとベストな焚き方は見つけられないないでしょうが、とりあえずその時になって右往左往しないようにしたいので。

後は、燃料をしっかり用意すれば成功間違いなしです。
まあ、あくまでも今回と同じ目標にするならですが。
次回は100点出せるようにしたいですね。


Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。