スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回焼成実験スタート

いよいよ第2回焼成実験スタートです。
今回は、午前0時ちょうどから始める予定でしたが、現場に行ってみると異変が…。
学芸員氏が現場に着いたところ窯の中から物音がしたとのこと。
どうやら作品の1つが転がっちゃったようで、そのあおりを受け数点作品が転がったみたいです。
幸い作品に損傷は見られなかったものの、再び並び直す必要が。

081201-01.jpg

そんなわけで、予定より20分遅れて0時20分着火。

081201-03.jpg

まずはじっくり焚き火から。

081201-04.jpg


スポンサーサイト

1日目・朝

まずはじっくり炙り。
温度を上げないで軽く焚き火しているカタチ。
前回は焚き口前で12時間くらい、窯の中に入れて12時間くらいと約1日たっぷり行いましたが、今回はそこまで慎重にならなくてもいいのではないかと考え9時間くらい行う予定でしたが…。

再び水分を含んだ壁面から水蒸気が。

081201-05.jpg

1日目の朝。
めちゃ寒ッ!!

081201-06.jpg

朝からは徐々に温度を上げていく予定ですので、排煙口上の屋根を外しました。

081201-07.jpg

081201-08.jpg


1日目・昼 夜

日中は結局100℃前後の温度をキープしていたようです。
予定では、9時頃から1時間10℃ペースで上げて行くことになっていたのですが、セミプロの陶芸家の方がやってきて炙りはもっとじっくりやったほうがいいと指導して行ったらしく、昼の当番の人はそれに従ったっとのこと。
私は夕方6時からのシフトに入っていたのですが、200℃くらいになってるかなと思っていたのに予想外でした。
慎重に行くのは正しいのかなとは思いますが、少々予定が狂った感じ。
まあ、結果オーライかもしれませんが(笑)。

晩に入り徐々に温度を上げ始めました。

081201-10.jpg

晩になり、1時間分の燃料の消費量を量ってみました。
時々量って燃料の総量をおおまかに算出するつもりのようです。

081201-11.jpg


1日目・窯中間温度計定時記録

焼成室中間に設置してある温度計の温度を1時間に1度手書きで記録していました。
それを一応載せておきます。
数値の単位は℃です。

●1日目

01時   40
02時   60
03時   70
04時   70
05時   77
06時   83
07時   95
08時   107
09時   112
10時   82
11時   84
12時   87
13時   95
14時   87
15時   83
16時   108
17時   98
18時   103
19時   95
20時   114
21時   114
22時   128
23時   126
24時   145

まあ、終日炙りに徹したカタチですね。


2日目・未明 朝

2日目に入り、まずは焚き口をすぼめました。
前回同様手作りの日干しレンガを使用しています。
今回も、学芸員氏が試行錯誤しながら(笑)。

081202-01.jpg

こんな感じになりました。

081202-02.jpg

未明から朝にかけては徐々に温度を上げているカタチでした。

ちなみに、朝になって緊急事態が発生しました。
参加者の方の1人が、緊急入院したとのこと。
昨日夕方引継ぎの時に、ちょっと腹が痛いとは言っておられたんですが、実は腸ねん転であったらしいです。
昼間の焚き手の主力として頑張ってもらう予定だっただけに、これはホントに痛い状況です。
とりあえず、本日午後の焚き手がいなくなってしまってパニック状態に。
ヤバイッス…(汗)。

↑ まあ、この記事を書いている時点では、どうにかなってはいるんですが(笑)。


2日目・昼 夜

焚き手がいなくなる危機におちいりましたが、お願いした結果参加者それぞれがフォローしてくれて、何とか焚くことができました。
また、明日以降も何とかなりそうです。
しかし、やはりギリギリの状態で焼成を行うのは無謀かもしれませんね。
バックアップ要員含め、余裕を持った体制で行うのが望ましいですが、現実的には難しいかな?(笑)
まあ、とりあえず入院されたU氏の回復、退院を願うばかりです。
お大事に。

本日は終日温度を上げていくカタチで焚かれました。

081202-03.jpg

窯内は、徐々に明るくなってきました。

081202-04.jpg


2日目・窯中間温度計定時記録

焼成室中間に設置してある温度計の温度を1時間に1度手書きで記録していました。
それを一応載せておきます。
数値の単位は℃です。

●2日目

01時   160
02時   140
03時   155
04時   189
05時   170
06時   224
07時   240
08時   217
09時   258
10時   250
11時   279
12時   257
13時   235
14時   264
15時   291
16時   344
17時   334
18時   365
19時   333
20時   366
21時   310
22時   370
23時   374
24時   417

本日は、徐々に温度を上げました。
1日で約250度アップ。
平均的には1時間10℃になりますが、けっこう乱高下してますね。


3日目・未明 朝

3日目に入りましたが、引き続きゆっくり温度を上げているカタチ。
なかなかのんびりしています。
ただ燃料が1山なくなり、なくなるややペースが速い気が。
ちょっと気になるところ。

081203-01.jpg

081203-02.jpg


2日目・昼

本日の日中も順調に温度を上げながらたかれたようです。

081203-04.jpg

しかし、2つ不安要素が。
1つは、やはり燃料。
かなり減っちゃっています。
逆算すると全く足りない感じ。
余る予定で用意したつもりでしたが、どうやら必要量の算出が甘かったようです。

081203-03.jpg

もう1つの不安要素はヒビ。
今回は、窯については目立った変化も見られず、かなり安心していました。
しかし、日中怪しげなヒビが発生。
窯後方の中央に縦に真っ直ぐに入りました。
このヒビが怖いのは、前回までに出てたものではなく、全く新しいものである点。
窯の維持に対しても、ちょっとだけ緊張感が出てきました(笑)。

081203-05.jpg

以前からあったヒビも少しだけ開いてきました。

081203-06.jpg

窯内部、だいぶ明るくなってきました。

081203-07.jpg


2日目・夜

夜も引き続き温度を上げながら焚きました。

燃料の計量。
やはり温度が上がると消費量は増えてます。

081203-08.jpg

排煙口も明るくなってきました。

081203-09.jpg


Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。