スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品作り

午前中、作品作りを少々。

『本掘り叩き土A・壺』 。
どうもイマイチ。

090701-01.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。

090701-02.jpg

『本掘り水簸済みC・鉢』 。

090701-03.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 始動。

090701-04.jpg

スポンサーサイト

雑談 雨漏り対策

午後、珠洲市陶芸センターに行き、テストピースの確認を行ってきました。
やはり私の測定ミスで間違いありませんでした。
失礼しました(汗)。

それで、作品作りやなんかについて雑談。
素人のくせに大物を作ろうとするのは無謀だ!とバカにされたりしながら楽しくおしゃべり(笑)。

090701-05.jpg

その後、窯を見に行くと会長さんが雨対策をしていました。
ちょっとだけ雨漏りしていたようです。
乾燥のほうは雨模様のためほとんど進んでいない感じでした。

090701-06.jpg

作品作り

晩にも作品作り。

『本掘り叩き土A・壺』 。
なんだかあやしい感じ。

090701-07.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。

090701-08.jpg

『本掘り水簸済みC・鉢』 。
鉢は楽勝かと思っていましたが…

090701-09.jpg

あっさり破損!!!

090701-10.jpg

で、削ってやり直し。
天気が悪く気温も低かったせいか、いつもより乾燥が進んでなく、まだ少しゆるいとは思っていたのですが、明日はひょっとすると積んでる暇がないかもしれないのもあって積んだのが失敗でした。

090701-11.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 。
これを積んでる最中に 『本掘り水簸済みC・鉢』 が割れちゃったので、ビビってこちらも積んでたのを少し取っちゃってほぼ変わっていない状態に。
まあ、ゆっくり行きます。

090701-12.jpg

そして、 『本掘り水簸済みD・壺』 始動。
高さ20cmクラスの小壺です。
しなみに、こういう小さい壺を作るのも初めて。
って、やっぱり小物より大物を先に挑戦するのは無謀だったかなと思ったりも(笑)。
もっと積めるのかもしれませんが、保険的品物で慌てて作らなきゃならないわけではありませんので、慎重に行きます。

090701-13.jpg

薪割り

本日は、私は参加していませんが、薪割りが行われたとのこと。
お疲れさまでした。

作品作り

本日は作品作りの時間が取れないと思っていましたが、ちょっとだけ取れたので続きを少々。

『本掘り叩き土A・壺』 。

090702-01.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。

090702-02.jpg

『本掘り水簸済みC・鉢』 。
昨日、無理矢理削って続行を選択しましたが、結局本日はバランスが取れずうまく行かなかったため、没に。
失敗です。

090702-03.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 、 『本掘り水簸済みD・壺』 はタイムリミットが来ちゃったため放置。

作品作り

午前中、作品作り。

『本掘り叩き土A・壺』 。
少しヒビが出たのを叩いてごまかしました。
これも植木鉢になっちゃう日は近いかも…(汗)。

090703-08.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。

090703-09.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 。

090703-10.jpg

『本掘り水簸済みD・壺』 。
こんな小さなものでも歪みが…。
没にしようかとも考えましたが、まあ、練習でもあるので仕上げまで行ってみることにしました。

090703-11.jpg

『本掘り水簸済みD・鉢』 始動。
今度はうまくいくといいのですが。

090703-12.jpg

薪運び そして、問題発生!

本日は、昨日割られた薪を運びました。
と言っても、私はほんのちょっと手伝っただけですが。
お疲れさまでした。

090703-01.jpg

090703-02.jpg

その後、珠洲市陶芸センターで玄人の方たちが今回の実験用の作品を作り始めたのを見学し、お話を聞かせていただきました。
やはり素人の私とでは作られた作品の美しさに雲泥の差があり、感心しました。

090703-03.jpg

090703-04.jpg

090703-05.jpg

090703-06.jpg

090703-07.jpg

玄人の方たちのお話を聞くうちに問題が1つ露呈しました。
それは粘土について。
今回作った粘土は、粒子が細かすぎて大物作りには向かないのではないかということ。
また、少々粘りも薄いようです。
そのため、どうにか形成できても、乾燥、そして焼成時に割れてしまう可能性がかなり高いのではないかとのことも。
そういう意見を皆さんが一様に仰られていましたので、対策を取るべきか、無理をして続行すべきか選択を迫られる形になりました。

確かに今回の粘土は粒子が細かく、中世の珠洲焼の陶片を見てももう少し粗いわけで、やや質が違っているのは事実だったりします。
それは精製方法が違うからなのか、それとも粘土の質そのものが違うからなのかはわかりませんが、違っているのは間違いありません。
いずれにしろ、窯の再現方法や焼成方法ではない部分での実験失敗のリスクはできるだけ少なくしたいのが本音です。

で、結局、信楽かどこかのちょっと粗い土を混ぜることにしました。
それにより、厳密に中世の珠洲焼に使っていた粘土を再現できるとは思ってはいませんが、近いタイプの土にブレンドし、リスクを少なくしようと考えたわけです。
本当は、その条件に合う粘土、もしくは先日作った粘土にブレンドしてちょうど良くなる粘土を、珠洲市内のどこかから調達できれば理想的なんですが、とりあえずアテもありませんし、スケジュール的にもそれは不可能ですので、そういう選択をしました。

まあ、個人的にはいずれの粘土でも作ってみて、その違いを見てみたいと思っています。
しかし、現時点で窯に入れられるものを1つもつくれていない状態ですし、それはうまく作れてのお話ですが(笑)。

作品作り

未明に作品作り。

『本掘り叩き土A・壺』 。
ちょっと下部に細かいヒビが見られるためかなりあやしい感じ。
もう没にしようかと思ったりしながら惰性で続行。
まあ、テストピース要員です。

090704-01.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。

090704-02.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 。

090704-03.jpg

『本掘り水簸済みD・壺』 。
あとは口をつけるだけです。

090704-04.jpg

『本掘り水簸済みD・鉢』 。

090704-05.jpg

『仮掘り水簸済みA・壺』 始動。
この粘土は仮掘りした粘土を試しに水簸したものですが、可塑性が低いとのことでしたが、まあ、水簸していないものに比べると全然使いやすいです。
割れやすいかは心配ですが、ちょっと何か混ざってても大丈夫って話ですし、試しに作ってみます。
作るのは小壺。
『本掘り水簸済みD・壺』 が歪んじゃったので、今度は歪まないように頑張る…って感じだったんですが、写真を見ると微妙に左右の角度が違う気も…(汗)。
気のせいかな(笑)。

090704-06.jpg

作品作り

夕方から作品作り。

『本掘り叩き土A・壺』 。

090704-07.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。

090704-08.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 。

090704-09.jpg

『本掘り水簸済みD・壺』 。
一応積み終わりました。
櫛目も入れてみましたが、うまく流線が出せなくて、ぎこちない感じになっちゃいました(汗)。

090704-10.jpg

『本掘り水簸済みD・鉢』 。

090704-11.jpg

『仮掘り水簸済みA・壺』 。

090704-12.jpg

作品作り

昼過ぎから作品作りを行おうと思っていましたが、いろいろあって結局夕方から行いました。

『本掘り叩き土A・壺』 。

090705-01.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。
形が…(汗)。

090705-02.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 。
積み終りましたが、なんだかボコボコです。

090705-03.jpg

090705-04.jpg

『本掘り水簸済みD・鉢』 。

090705-05.jpg

『仮掘り水簸済みA・壺』 。
後は口をつけるだけ。

090705-06.jpg

『仮掘り水簸済みB・鉢』 。
片口鉢ですが、今度はもっと丸みがある形を目指します。

090705-07.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。