スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠洲焼体験企画・埴輪作り

本日は、埴輪作りを見学。
これは、珠洲焼資料館が行っている企画で、市内の小学校6年生を対象に珠洲焼を体験してもらおうというものです。
具体的には、作品作りと窯焚きを体験してもらうんですが、今回はその作品作り。
子供が対象ということで、作品は楽しげな埴輪チックなものを。
黒色系の珠洲焼では埴輪的なものがむいているかどうかは微妙ですが(笑)。
ちなみに、珠洲市陶芸センターの窯をお借りして、珠洲焼資料館の方たちと今回の作品その他を焼成するのが珠洲古窯研究会の今年の最初の活動です。

本日は、参加者は1組だけで、ちょっと寂しい感じ。
PR不足だったか、皆さん忙しかったか…。
まあ、市内の小学6年生は総勢百数十人しかおらず、大量参加は望みにくくはあるんですが。
10日と11日にも作品作りは予定していますし、そちらに期待したいですね。
皆さんよろしく~!

100808-05.jpg

今回の力作↓
グローブとボールを持っている野球選手埴輪。
オリジナリティ高くて、なかなかいい感じ。

100808-01.jpg

同じく参加したお母さんの方は、さすがに整っています。

100808-03.jpg

ちなみに、今年、来年分の薪は着々と作られていました。
お疲れさまです。

100808-04.jpg

スポンサーサイト

作品作り 埴輪

久しぶりに泥遊び。
今回は、子供達と同じく埴輪作りに初挑戦してみました。
埴輪についてはあまりよく理解していないのですが、ネットでちょっと見た写真と作り方を参考にして適当に作ってみました。

まずは筒状に。

100809-01.jpg

さらに上へ。

100809-02.jpg

もっともっと上に。
…って、何かイメージと違うヘンテコな形になっちゃいました!(汗)

100809-03.jpg

腰のあたり(?)にヒモを巻き…

100809-04.jpg

鼻をつけて、

100809-05.jpg

目と口を。

100809-06.jpg

腕をつけて完成!!
なんか歪んでいますが、一応これも味ってことで(笑)。

100809-07.jpg

側面・後部はこんな感じ↓。

100809-09.jpg

珠洲焼体験企画・埴輪作り

本日は、埴輪作りを見学。
再び小学6年生を対象にしたものでしたが、参加者は今回も1組。
5年生以下の参加パターンも企画していますが、本命は6年生だっただけにちょっと残念でした。
まあ、楽しく参加していただけたようですし、それはそれで良かったですが。

100810-06.jpg

今回の力作↓。

100810-07.jpg

100810-08.jpg

作品作り

本日も作品作り。
珠洲焼資料館が行う小学生の珠洲焼体験イベントの窯焚きを我々珠洲古窯研究会もお手伝いしますが、その窯焚きに入れる品物が足りない感じになるかもしれないということで、いくつか作ってみることにしました。

まずは中壺。
サイズや形は昨年作った中壺と同じものですが、叩き目の入れ方を変えてみたいと思います。
まあ、今回は↓まで。

100810-01.jpg

それから、いろいろ試したいことがあってヘンテコな小物をいくつか作りました。
これについては、今後ホントに加工したり焼成したりするかは微妙です。

100810-02.jpg

100810-03.jpg

そして、今回は子供達に埴輪みたいなものを作ってもらってるのもあって、もう一つ埴輪を作ってみます。
今度は馬。
飾り馬とかっていう写真で見たことあるような埴輪の馬を作ってみることにしました。

ネットで紹介されている作り方と写真を参考に行き当たりばったりで開始。
と言いつつ、足はタタラで作るといいとネットでは紹介されていたのに、ヒモで積んじゃいました。
まあ、タタラでの作品作りはやったことないからってのが理由でしたが、何だかメッチャ時間かかっちゃました。
足1本作ったところで、既に安易に作り始めたことを後悔し始めてたりも…(笑)。

100810-04.jpg

とはいえ、何とか足4本作り終えて今回の作業は終了。

100810-05.jpg

作品作り

午後に作品作り。

まずは、中壺の続き。

100811-01.jpg

それから馬の埴輪の続き。
足の上に胴体を積み始め…

100811-02.jpg

こんな感じに↓。

100811-03.jpg

その後、首を積み始めましたが…

100811-04.jpg

き、亀裂がッ!!!(汗)

100811-05.jpg

積みすぎってのもありますが、首の角度もイマイチだったかも。
ネットで馬の埴輪の画像を見てみると、けっこういろいろな形しているものがありましたし、あまり首が前に出ていないタイプのを参考にすることに。
かなりいい加減ですが、今回は精密なレプリカみたいなものを作っているわけじゃなくて、何となくそれっぽいのを作っているカタチですので、まあ、いいでしょう(笑)。

100811-06.jpg

今回は、尻尾をつけて終了。

100811-07.jpg

埴輪のベースを作っているのを見学

学芸員氏宅にて石膏の型で埴輪のベースを作っているのを見学してきました。
これは、珠洲焼資料館が行う小学生の珠洲焼体験イベントで、5年生以下の子供達の作品のベースになるものです。
まあ、お手軽に楽しく参加できるようにってことで。

ちなみに、学芸員氏宅には粘土をいただきに行きました。
馬の埴輪をあまりにテキトーに作っちゃったために、どうも粘土が足らない様子でしたので(笑)。

100811-08.jpg

作品作り

夜中に作品作り。

まずは、中壺の続き。

100811-09.jpg

そして、馬の埴輪の続き。
まずは、鞍。

100811-10.jpg

それから、首を積みました。
一気に積むと、また崩れちゃいそうですし、半分くらいまで。

100811-11.jpg

続いて、何か鞍から下がっているもの。

100811-12.jpg

続いて、あぶみ。

100811-13.jpg

その後、尻の方の飾り(?)をつけました。
しかし、この飾り、かなりいい加減です(汗)。
ネットの画像等見ていてもイマイチ正確な形がわかんないんですよね。
まあ、そんなわけで、何となくそれっぽくつけてみました(笑)。

100811-14.jpg

前の方の飾りをつけて今回は終了。
こちらもテキトーです。

100811-15.jpg

だいたいこんな感じに↓。
今回の作業は5時間近くかかっちゃいました。

100811-16.jpg

作品作り

午後に作品作り。

まずは、中壺の続き。

100812-01.jpg

そして、馬の埴輪の続き。
頭のベース積み終りました。
が、頭デカッ!!(汗)
先日崩れてしまったのもあって、小さめの頭にしようとしていたのに、この結果…。
まあ、こんなのもカワイイかもしれず、何より作り直すのは面倒なので、これで良しとしました。

100812-02.jpg

で、タテガミをつけて…

100812-03.jpg

目を開けて…

100812-04.jpg

耳をつけて…

100812-05.jpg

頭部分にも飾りを。
こちらの飾りも例のごとくテキトーです。

100812-06.jpg

100812-07.jpg

てなわけで、何とか完成!
しかし、やっぱり頭デカッ!!!
カワイイと言えばカワイくもないですが、我ながらいい加減すぎたかなと思ったりも…。
まあ、遊びですから別にいいですけどね(笑)。

100812-08.jpg

100812-09.jpg

後は、とりあえずうまく乾燥してくれるのを望む感じ。
↓のように、作業開始時にちょっと乾燥割れも見られましたし、少し心配です。

100812-10.jpg

作品作り

未明に作品作り。

中壺の続き。
ちょっと嫌な形になってきた感じ…。

100813-01.jpg

作品作り

夜に再び作品作り。

中壺の続き。

100813-02.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。