スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 埴輪

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

まずは、埴輪。
素焼きではなく、黒っぽい珠洲焼ではこの手のものはどうかと思っていましたが、意外に悪くない感じ。
正直、最初からわかっていましたが、やはり手をいい加減に作りすぎましたね(汗)。

100901-01.jpg

100901-02.jpg

スポンサーサイト

作品紹介 飾り馬

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

今回は、飾り馬。
いくつかヒビも見られましたが、そのへんは実用品とかじゃありませんので、別にいいでしょう(笑)。
なかなかいい感じに焼けたと思いますが、やはり頭でっかちなため、やや安定感がない感じです。

100902-01.jpg

100902-02.jpg

100902-03.jpg

100902-04.jpg

作品紹介 中壺

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

今回は、中壺。
歪んでる形は見て見ぬふりしてください(笑)。
最前列にあったためよく焼けています。
肩口の灰のかかりかたもなかなかいい感じでしたが、気になるのは色。
何か黄色っぽくなっちゃいました。

この現象は、今回焼成した作品に多く見られました。
酸化気味になって赤くなってしまうことはちょっとだけ危惧していましたが、この風合いは予想外だったりも…。
これが焚き物の種類に因るものなのか、それとも温度に因るものなのか、そのへんすごく興味があります。
色々皆さんに聞いてみたいですね。

尚、内側底部にヒビが見られました。
外側までは割れていませんので、水漏れするほどではなさそうですが、急ピッチに作ったのが悪かったか、それとも乾燥に失敗したか…?
って、作りが悪いんでしょうね(笑)。

100903-01.jpg

100903-02.jpg

100903-03.jpg

100903-04.jpg

作品紹介 中壺

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

今回は、中壺。
こちらの中壺は昨年作って置いてあったものです。
『ブレンドⅤG・壺』 だったと思います。
肩の風合いは、けっこう面白い感じになった感じです。

100904-01.jpg

100904-02.jpg

100904-03.jpg

作品紹介 ネコ埴輪

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

今回は、ネコ埴輪(?)。
よく焼けていますが、作品としてはイマイチ。
全然かわいくないですしね(笑)。

100908-01.jpg

100908-02.jpg

100908-03.jpg

100908-04.jpg

D君のお手伝い

本日は、陶芸家D君のお手伝いをして粘土作りを行いました。
と言っても、半分は遊んでいた感じ(笑)。

100905-06.jpg

道具作りも見学。

100905-07.jpg

作品紹介 小壺

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

今回は、小壺。
こちらの小壺は昨年作って素焼きしてあったものです。
『ブレンドⅤK・壺』 です。
彫り物をするとどんな感じになるか見るための試作品ですが、ちょっと微妙という印象。

模様的には、けっこう目立つ感じですが、やや重い感じ。
まあ、絵柄や構図を考えるともっとイケるかもしれませんが。

ちなみに、肩口に灰がのっているのはいい味出てますし、全体的にそんな風合いになると面白いかもと思ったりも。
また、流れるほど灰が溶けても面白いかもしれませんね。

100905-01.jpg

100905-02.jpg

100905-03.jpg

100905-04.jpg

100905-05.jpg

作品紹介 小壺

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

今回は、小壺。
こちらの小壺は昨年作って素焼きしてあったものです。
『珠洲ⅡA・壺』 です。
こちらも彫り物をするとどんな感じになるか見るための試作品。

あまりパッとしないという印象。
っていうか、壺に絵を入れるのは向かないのかもしれませんね。

100906-01.jpg

100906-02.jpg

100906-03.jpg

100906-04.jpg

100906-05.jpg

作品紹介 小壺

先日行った珠洲焼体験企画の窯焚きで焼いた私の作品を紹介します。

最後は、完全失敗作を2つ。
どちらも昨年作った小壺です。

まずは、『ブレンドⅡA・壺』 。
窯構築に使った砂を混ぜた粘土を使って作ったものです。
失敗作と言っても、これは、まあ、作りの悪さは別にして、割れてもいませんでしたし、厳密には悪くない感じだったりも。
実験としては、この土でも作れることはわかりましたしね。
こちらは窯にくっいてしまい、取り外す折割れちゃいました。

100907-01.jpg

100907-02.jpg

もう1つは、『ブレンドⅢA・壺』 。
こちらは海砂を混ぜた粘土で作ったものです。
この海砂を混ぜるという行為は、色々な人にダメだと言われていたのですが、ちょっとどうなるか見てみたかったんですよね(笑)。

結果、燃焼室の隅という最も温度が上がる場所に置いていたとはいえ、見事に崩れちゃっています。
どうやら耐火度が落ちちゃうようですね。
爆発・破裂するという話も聞いていましたし、割れちゃうんじゃないかと予想していましたが、この結果は意外でした。
しかし、何度くらいで溶倒したのか気になるところ。
もっと温度が低いところに置いておけば良かったかな?

100907-03.jpg

100907-04.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。