スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 5

本日も、窯構築のお手伝いに行ってきました。
昨日より人手も多くなり、終日作業できたのもあって思ったよりも進みました。

110301-01.jpg

本日は、ここまで↓。

110301-02.jpg

110301-03.jpg

110301-04.jpg

110301-05.jpg

110301-06.jpg

110301-07.jpg

スポンサーサイト

『鉢ヶ崎2号窯』 の様子

窯構築作業終了後、久しぶりに 『鉢ヶ崎2号窯』 の様子を見てきました。
昨年覆い屋が外され雨ざらしになっているのですが、まだ持っていましたね。
数十回使用されたと思われる昔の窯と焼き固まり方は違うでしょうが、風雪にさらされ、どう劣化していくのか興味深いところです。
まあ、窯が廃棄されたのは、窯が崩落したりした時なのかもしれず、風雪による劣化は考える必要はないのかもしれませんし、また、今後、この窯をどう処分するのかは未定ですので、いつまで在るかはわかりませんが、たまに見に行ってみようかと思います。

110301-08.jpg

110301-09.jpg

110301-10.jpg

110301-11.jpg

110301-12.jpg

110301-13.jpg

110301-14.jpg

110301-15.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 6

本日も、窯構築のお手伝いに行ってきました。

2台目のミキサー導入!
これまで使っていたものよりも作業力は落ちますが、それでもペースアップします。

110302-01.jpg

作業している方も手馴れてきて、これまたペースアップに。

110302-02.jpg

で、本日は、ここまで↓。
いや~、予想以上に進みました。
側壁を積み終わるのに5日はかかると思っていましたが、2日半で到達。
人手も増え、終日作業を行えるとはいえ、これまでのことを考えると驚異的なスピードです(笑)。

110302-03.jpg

110302-04.jpg

110302-05.jpg

110302-06.jpg

110302-07.jpg

110302-08.jpg

110302-09.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 7

本日も、窯構築のお手伝いに行ってきました。
側壁が積み終わり、しばらく固まるの待ってから上部を積むことになっていましたが、窯の手前の側面をもう少し厚くし、それと煙出しの下部も積もうということになっていました。

しかし、アクシデントにより中止。
それは壁が凍ってしまっていたことです。
これにより、とても作業できないことになりました。

110303-01.jpg

表面は、凍り、ヒビ割れています。

110303-02.jpg

実は、この事態は少し予想していました。
昨日の天気予報で本日の最低気温が-3℃となっていましたし、陶芸家さんにもこの時期は凍みるのが心配だと言われていましたので。

まあ、↓の写真は、板が当てられていた部分ですが、凍っているのは表面だけで、中側はさほどでもない様子ですし、作業が遅れること以外はさほど深刻な事態ではないと思います。

とはいえ、もっと寒くなるとより凍るでしょうし、今回は諸事情によりこんな時期に窯を構築することになってしまいましたが、このへん考えても冬場に窯を作ったってことはないと考えられますね。

110303-03.jpg

それから、これを見て思ったのは、窯には覆いがなく雨ざらしだったんじゃないかという方がいたのですが、時に土が凍る寒さもあるこの地方では、そういうことはやはりなかったんじゃないかということです。
濡れて凍ると当然劣化しますし、建物まであったかどうかは分かりませんが、少なくとも濡れない対策は取っていたんじゃないでしょうか?

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 8

窯の様子を見てきました。
窯前半部の側面の壁が厚く盛り足され、煙出しの下部も積まれていました。
7日にこの作業は行われたとのことです。
で、数日固まるのを待つようです。

110310-01.jpg

110310-02.jpg

110310-03.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 9

本日は、窯構築再開。
しかし、私は所用があり参加できませんでした。
というわけで、空いた時間にのぞきに行っただけです。

前回の作業から日にちが空いたのは、側壁がある程度固まるまで待っていたためです。
側壁は、乾燥が進んでいるというほどではありませんでしたが、ある程度固まってきてはいました。

110315-01.jpg

で、窯上部の積み上げを開始。
窯の前面も見えてきて、だんだん雰囲気出てきた感じ(笑)。

110315-02.jpg

110315-03.jpg

夕方、どこまでできたか見に行きましたが、シートがかぶせられ見れなくて残念でした。
まあ、何となくの進捗状況は分かりましたが。
シートをかぶせているのは凍結防止のためだろうか?

110315-04.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 10

16、17日の作業報告です。
私は、両日共にいろいろあって参加できませんでした。
3日間で土的には半分くらいまで来たか来てないかといったところですかね。
見た感じ、これまでのものよりもかなり大きい印象で、なかなかの大迫力って感じです。

ちなみに、写真は19日の朝一に撮ったものです。

110317-01.jpg

110317-02.jpg

110317-03.jpg

110317-04.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 11

本日、久しぶりにお手伝いしてきました。
ちなみに、昨日は土が凍結してて作業しなかったとのこと。

地道な作業が続けられた形です。

110319-01.jpg

午後からは、少し手直しなんかも。

110319-02.jpg

今回は、ここまで。
あと、3~4日くらいの作業で積み終わるかな?

110319-03.jpg

110319-04.jpg

110319-05.jpg

110319-06.jpg

110319-07.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 12

本日より窯作り再開ということで、お手伝いしてきました。

110322-01.jpg

手直し等こまめに行いながら進めました。

110322-02.jpg

今回は、ここまで↓
順調に進みましたし、もしかすると明日1日で焼成室部分は完了し、もう半日で煙出しも積み終えることができるかもしれません。

110322-03.jpg

110322-04.jpg

110322-05.jpg

110322-06.jpg

110322-07.jpg

110322-08.jpg

110322-09.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 13

本日も窯作りのお手伝いしてきました。
先が見えてきて、やる気アップな感じでした。

110323-01.jpg

110323-02.jpg

今回は、ここまで↓
ひょっとすると最後までいけるかと少し期待してましたが、さすがに無理でした。
まあ、あと半日ですね。

110323-03.jpg

110323-04.jpg

110323-05.jpg

110323-06.jpg

110323-07.jpg

110323-08.jpg

110323-09.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。