スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品作り

本日は、作品作り。
月末に予定している窯焚きに入れる用にです。
まずは花器を。
今回はこのへんまで↓。

120609-01.jpg

スポンサーサイト

作品作り

本日も作品作り。
まずは花器の続き。
叩きを入れて積み増しました。

120611-01.jpg

それから小ぶりな中壷を。
って、日本語的に変かな?
今回は、このへんまで↓。

120611-02.jpg

作品作り

本日も作品作り。
まずは、小ぶりな中壷の続き。
叩きを入れて積み増しました。

120613-01.jpg

それから花器の仕上げました。
で、こんなんになりました↓
今回は大きめに、そして下部が広い形をイメージしてましたので、まずまずな感じでできましたが、後部はもっと高い方が良かった気がしますね。

120613-02.jpg

120613-03.jpg

120613-04.jpg

120613-05.jpg

そして小壷を。
先月全滅しましたので、違う土で同じように作って割れるかどうか試してみます。
一気に作っちゃおうかとも思いましたが、まあ、ここまで↓

120613-06.jpg

作品作り

本日も作品作り。
まずは、小ぶりな中壷を仕上げました。
例のごとく歪んでいましたので、ならいっそガッツリ歪ませてやろうと口を傾けてつけました。
んで、耳も追加。
こんだけやっちゃうと、ヘタクソで歪んだわけじゃなく、狙いであえて傾けてるって思ってもらえないですかね(笑)。

120614-01.jpg

120614-02.jpg

120614-03.jpg

120614-04.jpg

続いて小壷の仕上げを。
耳をつけて、模様を入れました。

120614-05.jpg

それからお試し壷的なものを。
ちょっと遊んでみます。
って、ずっと遊んでるんですが(笑)。

120614-06.jpg

作品作り

本日も作品作り。
まずは、お試し壷的なものの続きを。
叩きを入れ、積み増しました。
形は当初イメージしていたものと全く違うものになっちゃいましたが、まあ、お試しだから気にしないことにします。

120615-01.jpg

それから水差し的なものを作ってみました。
って、最初普通に小壷を作っていたんですが、いつもいっしょみたいなものを作るのも芸がないと思い、遊んでみました。
口をすり鉢的に形成し、持ち手をつけたカタチ。
うまく乾いてくれるといいのですが。

120615-02.jpg

120615-03.jpg

作品作り

本日も作品作り。
今回は、お試し壷的なもののお試しに入りました。
全体に叩きを入れた後、真っ二つに切断。

120616-01.jpg

で、狙いとしては半分の壷みたいにして、壁にかける花瓶というか、オブジェというか、そんなものを作る、そんな感じ。
しかし、現状ではまだ固まりきっておらず、形が維持できないため、その作業を今回やるのはヤメました。
とりあえず固まるの待ちです。

120616-02.jpg

で、残りの半分は特に何も考えていませんでしたが、同じものを2つ作るのも芸がありませんし、足をつけちゃうことにしました。
何に使えるかよく分かりませんが、まあ、いいでしょう(笑)。

120616-03.jpg

作品作り

本日も作品作り。
今回は、お試し壷的なものの仕上げ。
まずは足をつけたものの方。
足を調整して出来上がり。

120617-01.jpg

120617-02.jpg

120617-03.jpg

120617-04.jpg

120617-05.jpg

続いて、もう半分の方。
切断面を塞いで、一応、終了。
こういうのは板的なものを作って貼り付けるのが正解なのかな?
ちょっと考える必要あるかもですね。
とにかくうまく乾いてくれるか心配ですね。

120617-06.jpg

120617-07.jpg

120617-08.jpg

120617-09.jpg

叔父のお手伝い

本日は、陶芸家の叔父の窯焚きのお手伝いに行ってきました。
今回は序盤の炙りはガスでという形で、お手伝い的には1日少ない形になりました。
だいたい1日半ガスバーナーを使い、そこから薪に。
徐々に温度を上げていく形で20時頃から朝まで焚きました。

120620-01.jpg

叔父のお手伝い

本日も叔父の窯焚きのお手伝い。
本日は叔父の孫達が来ていてにぎやかでしたが、私が行って程なくして帰り、その後は普通に焚きました。
まあ、21頃から朝まで焚いた形。

120621-01.jpg

120621-02.jpg

叔父のお手伝い

本日も叔父の窯焚きのお手伝い。
最終夜ということで温度もいいところまで上がっちゃってて、キープという状態。
19時頃から交代しましたが、20時頃には俳句の会の方たちが見学に来て、その後、叔父の孫達が泊まりがてら遊びに。
で、順調に焚いていたのですが…

120622-01.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。