スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠洲市陶芸センター2号窯 窯焚き

珠洲市陶芸センターの2号窯の窯焚きのシフトに。
0時頃から5時頃まで。
やや遅れ気味でしたが目標温度に到達し、キープの状態に。
昼間、用事があるため、少し早めに帰宅しました。

120701-01.jpg

120701-02.jpg

スポンサーサイト

珠洲市陶芸センター2号窯 窯焚き終了

珠洲市陶芸センターの2号窯の窯焚き。
用事を終え、15時過ぎにどうなっているか見学に。
ちょうどその頃は、もう止めようか、もう少し引っ張ろうか相談している雰囲気の時でしたね。

で、結局もうしばらく引っ張り、色見などを見たりしながら、夕方に閉めました。
私は人足が足りていたので安心し、ほぼ見てただけでした。
焼けているのは間違いない感じで、あとはどう仕上がって出てくるか楽しみです。
皆さんお疲れ様でした。

120701-03.jpg

120701-04.jpg

120701-05.jpg

120701-06.jpg

120701-07.jpg

叔父の窯・作品見学

先日窯焚きのお手伝いをした叔父の窯の窯出しをしたということでしたので、焼き上がった品物を見てきました。

素人目にはいい感じに焼けているように見えましたが、叔父的にはイメージしている焼き上がりと少し違っていたようで、やや不満の残る結果だったようです。
まあ、なかなか100点満点とはいかないものなのでしょう。

↑ってコメントは前回の窯焚きの時といっしょだったりします。
やはり窯焚き、特に薪窯は、プロでも思い通りにいかない難しさがあるのでしょうね。
まあ、だから面白いとも言え、また時に予期せぬ趣のある作品が取れたりする喜びもあるんじゃにでしょうか。
なんて思ったりしました。

120704-01.jpg

120704-02.jpg

120704-03.jpg

120704-04.jpg

珠洲市陶芸センター2号窯 窯出し

本日は、先日焚いた珠洲市陶芸センター2号窯の窯出し作業のお手伝いに行ってきました。

窯の中はこんな感じに↓。

120708-01.jpg

老人ホームのお年寄りさんも見学に。

120708-02.jpg

お年寄りさんたちの作品↓

120708-03.jpg

で、焼けたもの↓。
なかなか面白い感じになっていて、全般的に皆さん満足してたようでした。

120708-04.jpg

120708-05.jpg

120708-06.jpg

120708-07.jpg

120708-08.jpg

石膏型作り

本日は石膏型作りに挑戦。
結果は、ちょっと欠けちゃったりしてて失敗。
なかなか難しいですね。

120708-10.jpg

120708-09.jpg

作品焼き上がり 半分壷足付き

先日窯焚きお手伝いした珠洲市陶芸センター2号窯に入れてもらった作品の報告です。

まずは半分壷足付き。
一見よく焼けているように見えましたが…。

120709-01.jpg

120709-02.jpg

120709-03.jpg

割れちゃいました。
実は、見学に来てた老人ホームのお爺さんが持った時に割れたんです。
落として割れたとかではなく、端を持って持ち上げようとしたところ割れたようでしたし、そういう状況から考えますと、最初から少しピリッといってたと思われ、割れてビックリし恐縮していたお爺さんには逆に悪いことしちゃいましたね(笑)。

120709-04.jpg

120709-05.jpg

作品焼き上がり すり鉢

先日窯焚きお手伝いした珠洲市陶芸センター2号窯に入れてもらった作品の報告です。

すり鉢。
これは陶芸家D氏が行った2号窯に入れるつもりで作ったものでしたが、スペースがなくて入れなかったもの。
粘土がどんなやつかが不明でしたので割れると思っていましたが、何とか割れていませんでした。
しかし、この手の実用品的なものはろくろを使ってキレイに作るべきですね。
まあ、下手すぎて歪み過ぎってのもありますが、味というより拙さ感丸出しって感じですね。

120710-01.jpg

120710-02.jpg

120710-03.jpg

120710-04.jpg

石膏型作り

晩、石膏型作りに挑戦。
先日失敗したのを再トライ。
一応、なんとかできた感じ。

120710-05.jpg

作品焼き上がり 半分壷壁掛けオブジェ

先日窯焚きお手伝いした珠洲市陶芸センター2号窯に入れてもらった作品の報告です。

半分壷壁掛けオブジェ。
少し急冷による付着した自然釉の縮れみたいなものが見られますが、なかなか面白い風合になっています。
しかし、まあ、気になるのは作りですね。
形が何ともカッコ悪い感じ。
もしもう一度この手の物を作るならもう少し形にこだわりたいですね。

120711-01.jpg

120711-02.jpg

120711-03.jpg

120711-04.jpg

120711-05.jpg

作品焼き上がり 水差し

先日窯焚きお手伝いした珠洲市陶芸センター2号窯に入れてもらった作品の報告です。

水差し。
一応、水は漏れないようでした。
しかし、適当につけた持ち手は雑過ぎてイマイチですし、また、ちょっとヒビ的なものも見えて、持つのが何か怖いですね(笑)。

120712-01.jpg

120712-02.jpg

120712-03.jpg

120712-04.jpg

120712-05.jpg

120712-06.jpg

120712-07.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。