スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D氏の窯焚き 窯出し

本日は、先日行われた珠洲市陶芸センター3号窯の窯焚きの窯出しが行われたということで、見学に。
ちょっと遅れて行っちゃって手伝いはせず、見てきただけ。

品物はまずまず焼けていましたが、今回は少し赤くなっちゃいました。
これはこれでアリかなとも思いますが、ちょっと予想外の結果でしたね。
当然、戻し還元がうまくいかず、酸化しちゃった結果なんだと思いますが、5月の窯焚きと比べてさほど違いはなかったというか、むしろうまく閉めれたかなと思っていただけに驚きでした。
5月の時は実はかなり赤くなるのではと心配していたのですが、それが大丈夫でしたので、今回は緊張感が足りなかったかもしれません。

前回と今回の違いで言うと、できるだけ高温で閉め切りたいと考え、前回よりは高めの温度で終了しました。
結果、前回と同様の薪の投入量では酸化還元の影響がなくなる温度に下がるまでに還元状態が維持できなかったと考えられます。
最後の薪の投入量は、急冷による釉の縮みというか結晶化というかそんなものを避ける狙いで、それからカーボン等の影響で作品が黒くなり過ぎるのを避ける狙いで、そんな感じであえて少なめにしたのですが、ちょっと少なくし過ぎたようですね。
次回は、薪の投入量や閉塞の温度をもう少し考えないといけないなというのが、今回の教訓です。

120803-01.jpg

120803-02.jpg

スポンサーサイト

石膏型作品 焼き上がり

珠洲市陶芸センター3号窯で行われたD氏の窯焚きで私の作品の報告。
自然釉風な仕上がりを目論み灰をかけて並べてみましたが、全く面白くはなりませんでした。
灰は6月末に行った2号窯での窯焚きで残っていたものを使用しましたが、もう少し吟味しないとダメな気もしますし、そもそもこんなやり方は邪道なのかもしれませんね。
むしろあっさり釉薬を使用したほうがいいのかな?
もちろん薪窯で自然釉を狙うのが理想ですが、それだと経費も手間もかかりそうですし、こんなもののためにそこまでする必要があるか難しいところです。

120803-03.jpg

120803-04.jpg

夜に、ちょっとだけ作成。

120803-05.jpg

マグネット

焼きあがったマグネットを一応仕上てみました。
まあ、ボンドで磁石をくっつけただけですが。

120804-01.jpg

こんな感じ~↓
微妙ですね(笑)。

120804-02.jpg

珪藻土を

本日は、ちょっと入れてもらいたものを持って珠洲市陶芸センターに行きました。
今回は、マグネット用のミニ陶板的なものに珪藻土の粉をつけてみました。
まあ、その効果を見てみようという実験的に。

120806-01.jpg

窯焚き見学

本日は、珠洲市陶芸センターへ。
とある作家さんが窯焚きしてるのを見学に。
まあ、ちょっとだけ。

120808-01.jpg

窯焚き見学

本日も珠洲市陶芸センターへ。
とある作家さんが窯焚きしてるのを見学に。
高温で引っ張るところから閉めるまで。
お手伝いが必要なら手伝おうかと思っていたのですが、一応一人で大丈夫そうだったので、結局見てただけでした。

今回は、2日ほどで焼き上げた形でしたが、バーナー併用でこれこらいなら少し頑張れば一人でも焚けるなと納得。
元々陶芸センターの3号窯は一人で焚ける窯だなと思っていたのですが、これで確信しました。
どうしても急加熱という形になっちゃいますので、大物等は割れちゃうリスクはあるでしょうし、焼けるものはある程度限定されちゃうでしょうが。
まあ、一人は用意から後始末まで考えると大変そうですけどね~(笑)。

120809-01.jpg

120809-02.jpg

120809-03.jpg

石膏型作品作り

本日は石膏型を使って作品作り。
20個。

120813-01.jpg

石膏型作品作り

本日は、先日型作りしたマグネットの仕上げを。
ちょっと削りました。

120817-01.jpg

窯詰め見学

珠洲市陶芸センターへ行きました。
陶芸家Y氏とNさんが窯詰めしてるというので見学を。
そんでちょっとだけ入れてもらいました。

120817-02.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 1208焼成 窯詰め

珠洲焼資料館の復元古窯に行きました。
今年も子供達の作った作品を焼成するということで、本日はその窯詰めを。
私も少々お手伝いしました。

奥から徐々に。

120817-03.jpg

メインの作品は棚に。

120817-04.jpg

手前に大物を。

120817-05.jpg

並べ終えた後、窯の口を塞ぎ焚き口を作る作業を。

120817-06.jpg

こんな感じになりました。

120817-07.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。