スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品作り

作品作り。

スピーカー用のに盛った石粉粘土があまりに白く目立っていたので、ちょっと色を塗りました。
なんかイマイチな感じ。

131202-01.jpg

131202-02.jpg

大甕。

131202-03.jpg

131202-04.jpg

スポンサーサイト

作品作り

作品作り。

大甕。

131203-01.jpg

131203-02.jpg

作品作り

作品作り。

大甕。
ようやく完成。

131205-01.jpg

131205-02.jpg

作品作り

作品作り。

キャンバス的なやつに絵を入れてみました。
元々これは何か大きめの絵を描くという目的で作ったものでしたので、とりあえず目的達成。
しかし、あまりパッとしない感じ。
焼き上がりでどういう感じになるかは楽しみですが。

131213-01.jpg

131213-02.jpg

131213-03.jpg

作品作り

作品作り。

キャンバス的なやつに絵を。
残っていた片面に。
スズメ。

131215-01.jpg

131215-02.jpg

作品作り

作品作り。

スピーカーターミナル用のもの。
以前作ったものは、焼いていただいたら案の定片方割れちゃったとのことですので。
今回は、また違った形のを。

131219-01.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 の様子

『珠洲焼資料館復元穴窯』 の様子を見てきました。
っていうか、昨日作ったスピーカーターミナル用のものを持って行っただけなんですが。
というのは、先日金沢実術工芸大学の学生さんと先生とその他の作家さんが窯焚きを行いましたが、後方のもの中心に素焼きに近いような焼き上がりで終わっちゃったものが出たとのこと。
これは作品の詰めすぎが原因なのかよくわかりませんが、温度が上がらなかったか還元がかからなかったってことなのでしょう。
で、特に学生さんが作った風鈴は、来年イベントで使わなきゃいけないものらしく、そのままではマズいということで、急遽焼き直しすることにしたとのこと。
で、先日行われた窯焚きで入れてもらったやつが割れちゃったということで、代わりのをこの焼き直しに入れてもらおうと思ったわけです。
まあ、今回の焼き直しは、一度焼いたものを焼き直す関係上、急ピッチで温度を上げ短時間で終わらせるといことで、しかも全く乾燥していないものを入れてもらうわけで、割れちゃう可能性は高い気はしますが、ダメ元ということで。

131220-01.jpg

131220-02.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 焼き直し

『珠洲焼資料館復元穴窯』 の焼き直し焼成の様子を見てきました。
今回、どうしても忙しくてお手伝いできなくて、ちょっと心苦しい感じ。

131225-01.jpg

131225-02.jpg

『珠洲焼資料館』 “珠洲の土を焼く 四人展” 1

本日は、現在 『珠洲焼資料館』 に4人の作家さんの作品が展示されているということで、それを見学してきました。
作品は、 『珠洲焼資料館復元穴窯』 で焼いたものです。
今回は、展示に “珠洲の土を焼く 四人展” というタイトルが掲げられていました。
割れちゃったものもけっこうあって、皆さん珠洲の土に苦戦してるのかなという印象も(笑)。
なかなか面白かったです。
で、作品の紹介です。

         131225-03.jpg

131225-04.jpg

131225-05.jpg

131225-06.jpg

131225-07.jpg

131225-08.jpg

『珠洲焼資料館復元穴窯』 焼き直し

早朝、『珠洲焼資料館復元穴窯』 の焼き直し焼成の様子を見てきました。
ちょうど最終段階近くで、閉めるまで。
まあ、ほんのちょっとお手伝いしただけで、ほとんど見学してただけで、何しに行ってんだかって感じでした。
お疲れ様でした。

131226-01.jpg

131226-02.jpg

131226-03.jpg

131226-04.jpg

131226-05.jpg

131226-06.jpg

131226-07.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。