スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼成実験打ち合わせに行きました

070917-01.jpg

←のブログの説明に書いたような経緯で、とある焼き物の窯の研究の実験に参加することになり、今回はその実験の説明を聞いてきました。
石川県珠洲市にある 『珠洲焼資料館』 の中の研修室(だったかな?)にて行われたのですが、今回集まっていたのは、私や説明している学芸員さん含め8人でした。
今回集まった方たち以外にも、けっこう参加しそうな人はいるようですが、最終的に参加者が何人になるかは、今のところよくわかりません。

070917-02.jpg

まず、学芸員さんから計画の説明を受けました。

今回の実験の目的は、未だ謎の多い中世に栄えた珠洲焼の窯を、その窯跡の形状や出土品、それからよく似た形態を持つ他の地方の古窯のデータなどから推察し、復元してみようというもの。
そこで、まず今回作ろうとしている窯の形状とその作成方法の説明を、なぜそう考えられるかということを交えながら説明してもらいました。

それから、計画の日程についての説明。
今回の日程案は大まかなものであり、多少遅れてもかまわないとのことでした。
とはいえ、基本的にそのスケジュール通り計画は進行するでしょうし、早ければ今回の実験の第一段階は11月17日には終了する予定です。
万が一遅くなった場合でも、今年いっぱいには終えるでしょう。

070917-03.jpg

出土した発掘品なども見せてもらいましたが、窯の上部のおそらくドーム状になっていたであろう部分はほとんど見つかっていないとのこと。
そういうこともあり、正確な材質や形状は現在全くわかっていないに等しいようです。
どうやら、古い窯が劣化し、新たな窯を作ったりするときに再利用したのではないかとのことでした。

070917-04.jpg

最後に窯作製の予定地を下見に。
写真右上あたりの草ぼうぼうのところに作るとのこと。
けっこう大変そうです。

計画全体を聞いての印象は、なるほどと納得できるもので、全くの素人の私からすればかなり成功率高いんじゃないかと思いました。
ただかなり難しいのではないかという声も聞かれました。
今回の 『珠洲古窯研究会』 のメンバーの半数以上は、プロ若しくはセミプロの陶芸家の方たちなんですが、そういう方たちはむしろその大変さを知っているだけに、不安点も多く感じておられるようでした。

そしてもう1つ言えば、現在珠洲焼は復活し制作活動も意欲的に行われていますが、極論すればそれは現代版珠洲焼であるということが挙げられると思います。
実際先程書いたとおり、古窯の正確な形状も材質も未だ不明であり、その技術も完全に途絶えていたわけですから。
と書いてしまうと、現在の珠洲焼が珠洲焼ではないと言っているように聞こえてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。
ただ今回解明を目指す目的とは違う次元にあり、言うなれば最新技術により進化した珠洲焼であると言った方が近いですかね。

つまり、陶芸家の方たちにとっても今回の実験は未知の世界であり、そういう意味で不安点が出てくるのでしょう。
例えば、今回の計画では土で窯を作るんですが、現在の珠洲焼の窯は全て耐火レンガで作られており、それ1つとってもプロと言えども初体験になるわけです。

てなわけで、陶芸に深く関わっている方ほど多くの不安点を口にし、逆に全くの素人ほど楽天的に考えているような状況です。
かく言う私は、素人サイドの再右翼なので完璧な計画で成功間違いなしと思っています(笑)。
ただちょっと不安に感じたことがあるとすれば、技術的なことではなく、その日程についてくらいですね。
土日ごとに集まってヤルという計画ですが、ちょっと過密な気がします。
作品の製作以外は屋外での作業になるわけで、天候が不順だったりするだけで進行に支障をきたすのではないかという危惧が…。
まあ、ちょとだけそう感じました。



というような感じで、体験したこと、思ったことを綴っていきたいと思っています。
また、実験が行われていない日にもちょこちょこと珠洲焼についてや、実験の詳細について聞きかじったことを書いていこうと思っています。
軽い気分で見てくだされば幸いです。

なお、もっとしっかり珠洲焼について知りたい方がおられましたら、リンクにある 『珠洲焼資料館』 のHPがオススメです。
珠洲焼に関する書籍等も販売しているようですし、興味のある方はそちらにもどうぞ。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/1-8e4cf64e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。