スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石膏型作品 焼き上がり

珠洲市陶芸センター3号窯で行われたD氏の窯焚きで私の作品の報告。
自然釉風な仕上がりを目論み灰をかけて並べてみましたが、全く面白くはなりませんでした。
灰は6月末に行った2号窯での窯焚きで残っていたものを使用しましたが、もう少し吟味しないとダメな気もしますし、そもそもこんなやり方は邪道なのかもしれませんね。
むしろあっさり釉薬を使用したほうがいいのかな?
もちろん薪窯で自然釉を狙うのが理想ですが、それだと経費も手間もかかりそうですし、こんなもののためにそこまでする必要があるか難しいところです。

120803-03.jpg

120803-04.jpg

夜に、ちょっとだけ作成。

120803-05.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/1048-4c1408ad

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。