スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩き締め

本日も叩き締め。
1時間ほど。

昨日、毎日焚き火を続けて行くと書きましたが、本日は焚きませんでした。
ホントは、ちょっとだけ早めに行って焚き火をしながら叩こうと思っていたのですが予定変更しました。
昼休みに窯の様子を見に行った学芸員氏からメールがあり、窯型を抜いたところが下がってきたのではないかとのことでしたので、学芸員氏の仕事が終わった後確かめることになったため中止したカタチ。
もし下がっているならば、窯型を抜くタイミングを間違えたってことになりますし、場合によってはジャッキアップするとかしなきゃならないわけで、ちょっと心配でした。
しかし、デジカメで撮った写真と照合してみた結果、全然変わっていないことが判明。
全く人騒がせな話です(笑)。
まあ、下がってなくて何よりでした。

ちなみに、焚き火はしばらくしないことになりました。
学芸員氏の気が変わっちゃったもので…。
急激に表面だけ乾燥することにより、亀裂がより入っちゃうのではないかと危惧しての判断のようです。
なんか迷走してる感じですが、けっこういつものこと。
試行錯誤しながら頑張ってます、ってことッスね(笑)。
まあ、私的には時間をかけて自然乾燥をしっかりしてってカタチがベストだと思っていますので異論はないのですが、ガンガン焚き火をした場合ちゃんと乾燥するのかというデータも欲しかったので、ちょっと残念な気もしています。

というわけで、しばらく地道に叩いていきながら乾燥を待つカタチになりました。
できれば今月中にいい感じに乾いてくれるといいのですが、はたしてどうなるでしょう?

080714-01.jpg



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/183-e543fb95

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。