スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業工程⑦ 窯型の作製

■作業工程⑦ 窯型の作製

製材所で出る切端を積み上げ、窯の内壁の型に積み上げる作業です。
積み上げた後、そこに土を貼り付け窯を形成するカタチをとっているので。

珠洲焼の古窯は現在のところその形状も不明ですが、その作製方法も不明です。
よって今回の方法も推測の域を出ませんが、とにかく今回試してみる方法は窯状に木材を積み上げ、そこに土を貼り、その後、中の材木を燃やすという方法。
これは炭焼き窯に見られる方法とのこと。
まあ、厳密には近いものって感じですが、ここが今回の実験の肝です。

ちなみに、これまで載せてきた写真に今回作る窯の外周、及び中心に杭が立っているのが見えますが、これが積み上げる予定の高さになると同時に、窯の内側の高さになります。

071009-01.jpg

071009-02.jpg

071009-03.jpg

この作業は、2007/10/14、2007/10/17、2007/10/18、2007/10/20に行われました。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/23-04365a9e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。