スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯詰め作業

ゼーゲルコーンの用意が終わった後、窯詰め作業を行いました。

窯詰めですが、今回は古窯の復元実験ですので、現代風に棚板等使って並べるのではなく、床に並べるカタチです。
珠洲古窯では他地方のそれに比べ傾斜は極端に緩いのですが、それでも床は斜面になっていますので、そのまま置くのでは安定が悪く作品は転がっちゃいます。
そんなわけで用意したのが珠洲焼きの欠片↓。
現代の作家の方の廃棄したものをいただいてきました。
中世の窯でもこうしてたとのこと。
それと瓦のシラジなども使いました。

080907-08.jpg

奥から順に並べるカタチ。

080907-09.jpg

今回は、品物も少なくまばらな感じに。

080907-10.jpg

ちゃんと転がらず立っていてくれるかちょっと心配だったりも…(汗)↓。
地震が来たらキツイですね(笑)。

080907-11.jpg

080907-12.jpg

080907-13.jpg

窯詰め完了。
こんな感じです↓。
うまく焼けてくれるといいのですが。

080907-14.jpg

080907-15.jpg

080907-16.jpg


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/251-b4994f02

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。