スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月14日 窯の閉塞・ヒビを埋める

15時30頃、排煙口を閉じた後、引き続きヒビを埋める作業に入りました。
極力空気を遮断しないと還元状態はなりませんし、ヒビを埋めることにより空気の進入を防ぐのが目的です。
それなりに丁寧に埋めはしましたが、個人的には心残りが1つ。
それは、12日に塞いだ窯上部のヒビを埋めなおさなかったこと。
予定では、側面のヒビを塞ぐ時に再びやるはずだったのですが、それくらい大丈夫だろうということに。
12日に貼り付けた土はもう完全に乾ききってますし、隙間だらけになっている状態でしたので、ここから空気が進入する可能性は高いのではないかと思うのですが。
空気が入ってもさほど影響はないとのことでしたので、まあいいかとは思いましたが、埋め直すと言っていた学芸員氏がやらなくても大丈夫と判断を変えた理由は、明らかに睡眠不足と熱気による疲労によるものと思われ、そういう経緯を考えるとちょっと心配。
とはいえ、その場合再び土を混ぜ、先にのせてあった土を取り除き、高温の窯に土を張るのはかなりの重労働であり、かなり疲労が蓄積しているメンバーにもう一仕事強要するのちょっと言いにくい状況でしたし、また、私自身やらなくてもよくなってホッとしたのも事実です(笑)。
まあ、吉と出るか凶と出るか、ちょっと注目です。

080914-26.jpg

080914-27.jpg

080914-28.jpg

080914-29.jpg


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/285-116716b5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。