スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叔父のお手伝い

本日も叔父の窯焚きのお手伝い。
いよいよ佳境という感じ。
まあ、そんなに緊張感はありませんでしたが。

叔父は窯の様子を見ながら温度を管理し、そして窯の閉め時を見定めていますが、昨年は本日昼には窯を閉めているのに対し、今年は大きくそのタイミングが遅れていて、これはちょっと意外でした。
単に時間と温度でのみ焼成を管理するのではなく、窯内の様子を見ながら調整しないとうまく製品が焼けないということは聞いていましたが、半日以上焼成時間が違うというカタチは予想以上でしたので。

昨夜から引き続きお手伝いしていましたが、昨年のことを考え閉めるまで手伝い続行と考えていましたが、今回の調子では昼には終わらないので一度帰って休んで来いとのこと。
そんなわけで、一旦帰って寝て、夕方再び参加しました。

081016-01.jpg


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/312-1db4bbe5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。