スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯再構築の目的

昨日書きましたように、今年の最初の作業予定は窯の再構築です。
今回は、その構築についての説明みたいな感じ。

基本的にはほぼ同じものを作ることになるのですが、変更点は次の通りです。
●横幅を広げる。
●焚き口を50cm前に出す。
●天井の高さを低くする。
●排水の暗渠を掘る。
●排煙口を作り直す。
●竹を使わず構築する。
まあ、大まかにはそんなところです。

『横幅を広げる』 のは、それがもともとの目標だったからです。
『鉢ヶ崎1号窯』 は作り方の不味さから、モデルとなる 『寺家クロバタケ3号窯』 より横幅が40~50cm狭くなってしまいました。
『寺家クロバタケ3号窯』 の発掘の折割り出された製品の配置がというにがあるのですが、それと同様に品物を入れ実験をしようとすると、どうしても狭いままでは無理があるため、これが再構築の一番の理由と言えるでしょう。
ちなみに、第3回焼成実験は製品の配置も復元し行なう予定です。

『焚き口を50cm前に出す』 のは、正直、私的にはなぜなのかよく分かっていません(笑)。
まあ、指揮を執る学芸員氏には何らかの考えがあってのことでしょう。
焚き口に関してはほぼ不明らしいですので、いろいろ迷いがあるようです。

『天井の高さを低くする』 のは、『鉢ヶ崎1号窯』 では、これまた作り方の不味さから当初の予定より高くなっちゃったため。
あまり天井が高くなると、炎や熱が上を流れることで熱効率が悪くなり、結果製品の焼けが落ちる可能性がありますので。
ただ、高さについても実際は不明ですので、どの高さが適当なのかはわかってなかったりするんですが。
もしかすると、高くなることによりアーチがつき構造的に強くなったってことも考えられますし、横幅を広げた上に高さも低くすると、崩落の危険性が高まるのではないかという不安もあったりするのですが…(汗)。

『排水の暗渠を掘る』 のは、水分対策です。
『第2回焼成実験』 で温度が上がりきらなかったことの理由、そして製品がほとんど割れてしまったことの理由は、地下からの水分の影響が大きかったのではないかと考えています。
そのため、床下に暗渠を掘ることによって地下からしみ出る水分の影響を抑えようというわけです。
実際、モデルとなる 『寺家クロバタケ3号窯』 にも排水用の暗渠が床下に掘られていたとのことですし、より近い復元を行なうという意味でも、これは有効な感じです。

『排煙口を作り直す』 のは、これまた私的には理由は不明。
まあ、焚き口同様こちらも形状は全く不明ですし、とりあえずもっとそれらしくて、もっと機能的にって感じじゃないかと思うのですが(笑)。

『竹を使わず構築する』 のは、そのほうがより昔の作り方に近いと思われるからです。
竹、もしくは細く裂いた木を使用したと思われる壁が発見されたのは、珠洲古窯でも横幅4mもある巨大なものの遺跡からであり、今回復元する 『寺家クロバタケ3号窯』 では竹等は使っていなかったと考えられます。
そんなわけで、より忠実に再現するには使わない形にしなければならないと学芸員氏は判断したようです。
まあ、使わなくても作れるという手応えもあってのことなんですが、一応このへんも崩落のリスクを増やす要素ではあります。
大丈夫だとは思うのですが…。

というわけで、窯の再構築が始まります。
うまくいくといいのですが。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/432-acf4ad62

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。