スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪割り 溝掘り 叩き締め

本日は、薪割り。
と言っても、これは別働隊のお仕事。

090618-01.jpg

090618-02.jpg

私は1人で窯の床下に掘った暗渠の続きになる排水用の溝を掘りました。
モデルの窯では焚き口前も引き続き斜面になっていて、自然と排水されるかたちだったようですが、今回の窯の場合焚き口前は平地的になっていますので、溝がないと排水しないのではということで。
学芸員氏は、溝を掘ってもさほど意味はないと言ってましたし、めんどくさいので掘らないでおこうかとも思ったのですが、陶芸家の方なんかは掘らなきゃ暗渠の意味もなくなると言ってましたし、まあ、少しでもリスクは下げるべきだろうと判断しました。
で、1本掘ったらけっこうクタクタ。

090618-03.jpg

そこへ、薪割りを終えた別働隊の人達も加勢に。

090618-04.jpg

1人では2本は無理と思っていましたが、何とか掘り終えました。
こちらも暗渠化するつもりですが、続きは後日改めて。

090618-05.jpg

090618-06.jpg

そして、窯の叩き締めを少々。
本日もさほど乾燥は進まず、叩きもちょっとだけ。

090618-07.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/501-7b61cae5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。