スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品作り

夕方 『本掘り水簸なしA・壺』 を一積み…、しましたがフニャっといっちゃいました(笑)。
てなわけで、これまた失敗。
昨年作ったときは半日ごとに積んでも大丈夫だったので、そんなペースで積みましたが早すぎたようです。
また、急速に乾きすぎるとヒビ割れの原因になるかと思い、ビニールをかけて乾燥を和らげてみたのも裏目に出たカタチ。
まあ、粘土にも問題があるのかもしれませんが、これで3連敗です。

090622-08.jpg

てなわけで、意気消沈…
となりかけましたが、ここは開き直って “下手な鉄砲も数打ちゃ当たる” 作戦に出ることにしました。
とにかくいろいろ試しながらいくつも作ることに。
幸い実験に使う作品作りには、プロやセミプロの方々がけっこう協力してくれそうなので、私のような素人が頑張らなくてもそれなりに揃いそうな感じだったりします。
そんなわけでダメ元で適当に数作ってみようと思います。
できれば1つや2つは焼成実験に入れられるものが作れればいいのですが(笑)。

で、まずは 『本掘り水簸なしB・壺』 。
一応、これが本命。

090622-09.jpg

『試し掘り水簸なしC・壺』 。
これは粘土を乾燥させすぎたため明日にでも割れそうな感じ。
っていうか、粘度が低くメッチャ作りにくかったです。
やはり試し掘りのやつは砂等混ざっちゃってたのかな?
なんて思ったりも。

090622-10.jpg

『試し掘り水簸なしD・壺』 。
こちらは少し水を足して柔らかくしたバージョン。
これまた危うい手応えだったりも…。

090622-11.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/517-5e99fd49

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。