スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品作り

未明に作品作り。

『本掘り叩き土A・壺』 。
ちょっと下部に細かいヒビが見られるためかなりあやしい感じ。
もう没にしようかと思ったりしながら惰性で続行。
まあ、テストピース要員です。

090704-01.jpg

『本掘り水簸済みB・甕』 。

090704-02.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 。

090704-03.jpg

『本掘り水簸済みD・壺』 。
あとは口をつけるだけです。

090704-04.jpg

『本掘り水簸済みD・鉢』 。

090704-05.jpg

『仮掘り水簸済みA・壺』 始動。
この粘土は仮掘りした粘土を試しに水簸したものですが、可塑性が低いとのことでしたが、まあ、水簸していないものに比べると全然使いやすいです。
割れやすいかは心配ですが、ちょっと何か混ざってても大丈夫って話ですし、試しに作ってみます。
作るのは小壺。
『本掘り水簸済みD・壺』 が歪んじゃったので、今度は歪まないように頑張る…って感じだったんですが、写真を見ると微妙に左右の角度が違う気も…(汗)。
気のせいかな(笑)。

090704-06.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/546-ba31f98e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。