スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品作り

焚火をしながら作品作り。
って言うか、厳密には作品壊し(笑)。
乾燥割れしちゃったものを削っちゃったってカタチ。
そんなもん没にしちゃえばいいだけですが、いろいろな土を使ってみましたので、一応焼き上がりを見てみたいということで。
まあ、テストピースって感じですね。
窯の乾燥焚き時に入れてみようかと思っているんですが、それも本当に入れるかは未定です。

『仮掘り水簸済みB・鉢』 。
横にパックリいっちゃってます。

090712-07.jpg

上部を削って浅い鉢に。

090712-08.jpg

『本掘り叩き土B・鉢』 。
こちらは上部が裂けたカタチ。

090712-09.jpg

こちらも浅い鉢に。

090712-10.jpg

『本掘り叩き土A・壺』 。
これは、もうボロボロ。

090712-11.jpg

底の深い鉢にしようかと思いましたが、下のほうの表面がピリピリいっちゃってますし、思い切ってガッツリ切っちゃいました。

090712-12.jpg

一番大きかったこの壺が一番小さいものに。
こちらは、カクカクな感じにしてみました。

090712-13.jpg

てなわけで、作品作りというよりは作品壊しでした。
まあ、悪あがきです。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/562-ab63b862

コメント

資源は大切に!
失敗品は捨てずに、再生粘土用にとって置きましょう。
は~い。
でも、本掘りの水簸したやつ以外は再生して使いようがないと思いましたので…。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。