スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本掘り水簸済みD・壺』 の焼き上がり


今回の実験で窯に入れていただいた私の作ったものを載せときます。
まあ、恥ずかしながら(笑)。

『本掘り水簸済みD・壺』 。
最初に掘った珠洲の土100%のを使用して作りました。

窯の後方に置かれていましたので焼きが全然甘いです。
こちら↓から見ると大丈夫そうですが…

090910-01.jpg

実は、パックリ!!(涙)
最初に用意した珠洲の土は割れやすそうだとの話でしたし、それが割れた原因かもしれません。
とはいえ、比較的温度の上下がなく安定していた後方に置いてあって、形的にも長細くて割れにくそうなのに割れちゃったのは、作りが悪かったって可能性もかなりありそうです(笑)。

090910-02.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/693-b7259172

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。