スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き締め作業・内壁の剥落

着火して2時間くらいして1つ異変が。
それは窯の内壁の剥落が見られたこと。
↓焚き口に見えてます。

071121-05.jpg

↓かなり大きな塊も。
材質が悪かったのか?
急激な温度上昇と乾燥がまずかったのか?
窯の形状に問題があったのか?
2層というカタチで窯を積んでいった方法が悪かったのか?
いろいろ考えられますが、不安要素が浮上してきた感じ。

071121-06.jpg

071121-07.jpg

↓時間の経過とともに次々に剥落した塊。
所々剥落してるだけなのか?
熱が通ったところが次々剥がれ薄くなり続けているのか?
この段階では中を覗いてみるわけにいかないため分かりません。
第一関門クリアに黄色信号が点った感じです。

071121-08.jpg



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/72-bac69cd6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。