スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯焚き

昨夜から引き続き焚きました。
1時頃からは1人で。
朝5時に学生さんと交代しました。

091005-01.jpg

中もだいぶ明るくなってきました。

091005-02.jpg

排煙口からの炎も強くなってます。

091005-03.jpg

晩10時より再びシフトに。
と言っても、昨夜とは違い今夜は学生さんとペアですので、基本的に学生さんまかせで楽な感じ。
まあ、温度も上がってきましたし、強度に不安のある今回の窯の状況から、万が一窯が崩落した場合の見張り役といった感じで付いていたってところでしょうか。
あと温度管理がうまくいかなかった場合のサポート役みたいな役回りもあったのかもしれませんが、この窯は温度の維持・コントロールはさほど難しくありませんし(前後の温度差などスペックは別にして)、学生さん達も十分うまく焚いていましたので、特にやることもなかったカタチ。
まあ、いるだけ邪魔なくらいでした(笑)。

091005-04.jpg

前回同様広がってきたヒビはやや気になりますが、特に危険な感じはありませんでした。

091005-05.jpg

091005-06.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/721-bf29de37

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。