スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯に空気を

本日は、窯の口を開きました。
少し空気を通すのが目的です。

091201-01.jpg

091201-02.jpg

091201-03.jpg

中はこんな感じ↓。
灰がかなり残っていました。
これは昨年の第2回焼成実験と同様の状態。
やはり水分の影響がかなりあるのではないかと考えられます。

そうなると、心配なのは作品の状態です。
昨年は、ほぼ全滅と言えるくらい作品が割れちゃいましたし、その二の舞は嫌ですね(汗)。

まあ、それでも昨年ほど天候は悪くなく、排水の暗渠も掘ったためか、最高温度も昨年より50℃上回っていますし、また、今回は焼き直しのものが大半ですので、昨年ほどヒドイ状態にはなってないと思うのですが。

091201-04.jpg

排煙口もちょっと開けました。

091201-05.jpg

上がってくる熱気は、かなり湿っている感じ。
やはりちょっと心配…。

091201-06.jpg

ちなみに、窯に置いてあった道具類の搬出も行われました。
冬支度といったところですが、窯出しが終ると、いよいよ今年の実験も終わりですね。
今年もたくさん遊びました(笑)。

091201-07.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/792-38437142

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。