スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D君の初窯焚き見学・お手伝い、大バーナー起動

昨夕から引き続きD君の窯焚きのお手伝い。
通常、この窯では炙り後500~600℃くらいまで薪(製材切端)で焚き、大バーナーに替えることが多いとのことでしたが、今回は用意してある薪がなくなるまで焚いて温度を上げることにしました。

午前1時前くらいまでは学芸員氏もお手伝い↓。

100703-01.jpg

午前3時、窯内の温度が800℃になった時点で薪がなくなり、大バーナーで焚くことにしました。
まあ、そこでD君を起こし、セッティング等してるのを私は見学していただけですが(笑)。

100703-02.jpg

午前4時、大バーナーが起動したのを見て帰宅しました。

100703-03.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/821-cee19b7a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。