スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学芸員氏の作品作りを見学

夜中に学芸員氏の作品作りを見学してきました。
先日、叩き目を入れるのを延期しましたが、本日入れるとのことで。

まずは口をつける作業から。

100818-10.jpg

う~ん、なかなかいい形!

100818-11.jpg

で、ついに叩き開始。
いい感じに目は入っていましたが…

100818-12.jpg

半分程叩いたところで上部が陥没してきました。
ピンチッ!!

100818-13.jpg

結局、叩きはここで中断。
修正作業し、続きは後ほどということになりました。

100818-14.jpg

100818-15.jpg

てなわけで、とりあえず今回は失敗の様子。
しかし、今回見学して感じたのはイケそうだということ。
学芸員氏も、私同様叩きは模様を入れる程度にと考えていたのもあって、あえてかなり柔らかい時点で叩きを入れる形をとっていました。
そのわりにかなり強めに叩きは入れていた感じでしたが、狙い的にはそんな感じ。

見てた感じでは、今回もう少し乾燥させて固くなっていたら問題なく成功していたと思えましたし、おそらく学芸員氏が次作る時には成功しそうです。
この作品の粘土は私の使っていたものとは違いますし、全てうまくいくとは思いませんが、乾燥を考えて叩きを入れるとけっこうイケそうな感じがしました。
すごく参考になりましたね。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/847-f9b9de7e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。