スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『珠洲焼資料館復元穴窯』 構築報告 29

復元窯の様子を見てきました。
続いて内側。
内壁、だいたい前半分くらいまでは素焼き状に焼けているように見えました。
これを見ると、内側はほぼ乾燥しきっている感じで、外から見たほど乾燥が進んでいない印象はありませんでした。

110613-08.jpg

110613-09.jpg

110613-10.jpg

後方は煤けていました。

110613-11.jpg

床はヒビ割れが目立ちました。

110613-12.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/918-ffafa510

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。