スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『珠洲焼資料館復元穴窯』 初窯 窯内部の状況

今回、窯は外側的にはヒビも歪みも少なくいい感じでした。
しかし、内側的には少し心配な面もありました。

110701-10.jpg

燃焼室上部の壁はかなり融解しちゃっていました。
これはおそらく単純に温度が上がりすぎたためでしょう。
焼成室に設置されていた温度計が1200度くらい行っていたということは、燃焼室は1300度を超えていた可能性が高く、壁材の耐火度を超えちゃったと考えられます。
この様子だと高温状態でもう数時間引っ張っていたら致命的な状態になっていた可能性もありますし、今後はそのへん注意しながら焚かないといけないですね。

110701-11.jpg

110701-12.jpg

110701-13.jpg

床には融け落ちたものが積もっていました↓

110701-14.jpg

当然後方に行くほど焼きが甘くなっています。

110701-15.jpg

110701-16.jpg

110701-17.jpg

110701-18.jpg

110701-19.jpg

床は、写真で見るよりバリバリに割れていました。

110701-20.jpg

110701-21.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/944-92a6c962

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。