スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『珠洲焼資料館復元穴窯』 1108焼成 窯の様子

本日は、窯詰め作業のお手伝いをしに久しぶりに復元窯に行きました。
で、窯詰めの報告の前に窯の様子の報告です。
ちなみに、私は1ヶ月以上腰痛に苦しんでいたのもあって全くお手伝いできませんでした。
申し訳ありませんでした。

ヒビ割れは粗方塞がれていました。
その中で目についたのは融解してかなりダメージが深かった燃焼室の内壁。
いつもの土で埋めるのは危険と判断してか耐火コンクリートで埋められていました。
まあ、復元窯としては近代的な材料での補修は不本意だったかもしれませんが、安全を優先ようですね。

110819-01.jpg

110819-02.jpg

110819-03.jpg

それから床も貼り増されていました。

110819-04.jpg

110819-05.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/947-48153c94

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。