スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『珠洲焼資料館復元穴窯』 1108焼成 窯の様子

今回の窯焚きでは目立った窯の傷みは見られませんでしたね。
そのへんは、これまでで1番良かったかもしれません。

詳しく調べていませんし、全く大丈夫とは言い切れませんが、外見は特に補修するほどでもないように見えました。
内側も覗いてみた感じでは大丈夫そうで、今回は窯屑等も作品にはほとんど落ちてませんでしたし、窯がいい感じで安定したのかなと思ったりも。
まあ、今回は初窯時の反省も踏まえて温度の上げすぎに注意していたのもあったのでしょうが、今回程度の焚き方ならしばらく窯に問題は起きそうにないですね。

ちなみに、復元窯的にはどうだかわかりませんが、今回の様子を見ると耐火コンクリートはけっこう使えそうな印象を受けました。
特に使う予定はありませんが、ちょっと参考になった感じ(笑)。

110830-19.jpg

110830-20.jpg

110830-21.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://gun60000.blog107.fc2.com/tb.php/966-1afbdfa9

まとめtyaiました【『珠洲焼資料館復元穴窯』 1108焼成 窯の様子】
今回の窯焚きでは目立った窯の傷みは見られませんでしたね。そのへんは、これまでで1番良かったかもしれません。詳しく調べていませんし、全く大丈夫とは言い切れませんが、外見は特に補修するほどでもないように見えました。内側も覗いてみた感じでは大丈夫そうで、今回?...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。